山陰BMXの聖地に 江府の旧小学分校をパーク化

10月半ばのオープンを目指し、整備作業に追われる関係者=鳥取県江府町大河原、旧江尾小学校米原分校
 国立公園・大山の麓に広がる鳥取県江府町大河原の旧小学校分校が今秋、自転車競技で若者に人気のBMX専用パークに生まれ変わる。同町吉原に家族で移住したプロライダー、冨永勇太さん(33)を中心に組織する奥大山Xスポーツ協議会が整備中で、初心者から上級者まで安全に楽しめる本格的な屋内施設。世界的な大会の元日本代表だったライダーは「競技が未普及の山陰の聖地にしたい」と夢を描く。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2020年8月23日 無断転載禁止