活動認められ総理大臣表彰 黒坂地区自主防災委員会

負傷者救助訓練で関係機関と連携し、地域防災力を磨く黒坂地区自主防災委員会のメンバー(日野町提供)
 鳥取県日野町黒坂の黒坂地区自主防災委員会(和田佳洋(よしひろ)会長)が、2020年の防災功労者内閣総理大臣表彰に選ばれた。00年10月6日の鳥取県西部地震の直撃を受け、陸の孤島になった苦い教訓を経て発足以降、地域ぐるみで取り組む地道な防災活動が高く評価された。新型コロナウイルス禍で新たな対応を迫られている関係者は「受賞を励みに地域防災力の底上げを図りたい」と気を引き締める。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2020年9月3日 無断転載禁止