浜田・弥栄中音楽部 地元朝市で20日、3年生引退舞台

「引退コンサート」に向け、練習に力が入る弥栄中学校の音楽部員
 20日に島根県浜田市弥栄町長安本郷の弥栄会館で開かれる朝市「や市」に合わせ、女声合唱の弥栄中学校音楽部が、3年生の「引退コンサート」を開く。新型コロナウイルスの影響で失われた発表の場を、朝市を運営する住民グループが提供。2年生を含む全部員にとっての本年度最初の舞台でもあり、地域へのあふれる感謝を歌で表す。

 部員は3年生3人と2年生2人。本年度はコロナ禍で、最大の目標だった8月下旬のNHK全国学校音楽コンクール(Nコン)の県大会を含め、これまで一度も対外的な発表の場がなかった。

 例年3年生引退の舞台となる地元敬老会(9月22日)も中止に。2、3年生5人がそろった舞台を、日野山実咲部長(15)=3年=も「諦めていた」という状況で、開かれることになったのが安城地区まちづくり推進委員会(小松原峰雄会長)の月1度の朝市での引退コンサートだ。顧問の山田優子教諭(45)が依頼し、決まった。

 20日午前9時半から弥栄会館内のトレーニングセンターで、Nコン課題曲だった女性5人ボーカルグループ「Little Glee Monster(リトル・グリー・モンスター)」の「足跡」など、4曲を披露。「感謝の気持ちを胸に悔いを残さない歌声を届けたい」(日野山さん)と練習に力が入っている。

2020年9月8日 無断転載禁止