亀の湯、ピンチ救って 修理費工面へタオルと入浴券販売

三瓶温泉共同浴場管理組合が入浴回数券とセット販売しているオリジナルタオル
 1917年創業の老舗温泉浴場「亀の湯」(島根県大田市三瓶町志学)を運営する住民組織・三瓶温泉共同浴場管理組合が、地元開催の全国植樹祭用に作られたタオルと入浴回数券をセットで売り出している。最大震度5強を記録した2018年4月の地震による施設修繕に続き新型コロナウイルスの影響で利用客が減少。老朽化したトイレの改修もままならず「存続の危機」として支援の広がりに期待している。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2020年9月9日 無断転載禁止