石見・石西 「新政権と解散・総選挙の行方」

松浦 基明氏
菅内閣の課題や総選挙の行方を大胆解説!

講 師 共同通信社編集局次長 松浦 基明氏

演 題 「新政権と解散・総選挙の行方」

 山陰中央新報社の「石見政経懇話会」「石西政経懇話会」は、9月29日(火)30日(水)に定例会を開催します。今回は共同通信社編集局次長の松浦基明氏を講師に迎え、「新政権と解散・総選挙の行方」と題してお話しいただきます。

 自民党の菅義偉氏が16日、首相指名選挙で第99代首相に選出されました。この日、新内閣も発足。菅首相は「国民のために働く内閣」を掲げ、新型コロナウイルスの収束や経済の立て直しに全力を挙げるとしました。

 菅首相の舵取りに注目が集まる中、今回講師に迎える共同通信社の松浦さんは東京・永田町での取材歴が長く、その後、政治部デスク、政治部長を務めるなど政治、政局に詳しいジャーナリストです。

 講演では「新政権と解散・総選挙の行方」と題し、菅新政権の課題や特徴をはじめ、解散・総選挙の見通し、安倍長期政権の総括などについて解説していただきます。ご期待ください。

<松浦 基明氏のプロフィール>

講師略歴 1966年生まれ、茨城県出身。早大法学部卒。89年、共同通信社入社。99年から政治部に所属。首相番、自民党、公明党、民主党などを担当。菅内閣当時に首相官邸クラブキャップ、野田内閣当時に与党キャップ。2013年1月から政治部デスク。18年6月に政治部長。20年9月から現職。

(本会は会員制です)

■政経懇話会のページへ↓

https://www.sanin-chuo.co.jp/seikeikon/index.html

2020年9月17日 無断転載禁止