益田の農家がゴールデンキウイ栽培

2018年に植えたゴールデンキウイの実り具合を確認する三浦一雄さん=益田市乙子町
 島根県益田市乙子町の国営農地開発地(開パイ)でイチジク園を営む三浦一雄さん(73)=益田市元町=が、島根県内では珍しいゴールデンキウイの栽培に取り組んでいる。「他の人がやっていない作物を育ててみよう」と思い立ち、2018年12月に植栽。実をたわわに付けるまで成長した。11月に市内のスーパーに初出荷する予定で、3年後には収量1トンを目指す。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2020年9月22日 無断転載禁止