再興院展で2年連続奨励賞 「因幡の白兎」題材

「白兎予祝」
 既成概念にとらわれない表現方法を駆使し、新進気鋭の日本画家として注目を集める島根県益田市出身の川﨑麻央さん(33)=東京芸大職員=が、日本画の「再興第105回院展」(日本美術院主催)で2年連続の奨励賞に輝いた。新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、古事記に登場する「因幡の白兎(しろうさぎ)」を題材にした150号の大作を完成させ、「この事態だからこそできた作品だった」と受賞を喜んだ。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2020年9月22日 無断転載禁止