安来の20代男性陽性 市内初確認、感染経路は不明

 島根県が25日、安来市在住で日立金属安来工場(安来市安来町)に勤務する20代男性が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。同市在住者の感染確認は初めてで、県内の感染者は計140人になった。感染経路は不明で、県が行動歴や接触者の調査を進めている。

 県によると、男性は22日に倦怠(けんたい)感があり、23日に37度の発熱やせき、嗅覚異常の症状が出た。24日にPCR検査で陽性が判明した。症状は軽症という。

 男性は12日から13日にかけて、米子市から高速バスで東京都に移動。18日まで東京都と神奈川県に滞在した。帰県時は出雲空港着の飛行機を利用し、19、20の両日は日帰りで鳥取県に出掛けた。22、23の両日は出勤。社外の人と接触はないという。

 県は、発症14日前の行動歴の詳細確認と、接触者への積極的なPCR検査を実施する。

 日立金属安来工場は、現時点で生産体制を直ちに変更する状況にはないと判断し、25日は普段通り操業した。

 安来市は電話による健康相談窓口を当面の間、平日に加えて土・日曜日も開設する。受付時間は午前8時半~午後5時15分で、電話番号は0854(23)3270。

2020年9月26日 無断転載禁止