女子ログ 四輪駆動の出番は?

 赤道東側の太平洋の海水温度が下がる「ラニーニャ現象」が発生したようだと、ニュースで見た。この現象が起きると、西日本は冬に寒気が流れ込みやすくなるという。ちなみにお正月に山陰が大雪に見舞われた2011年も、この現象が起きたそうだ。

 あの年はとんでもない目にあった。お正月は毎日毎日実家の雪かきに追われた。車で動こうにも幹線道路でさえ除雪が間に合わず、外出しても目的地にいつ着くのかという状態だった。もちろん遠出の初詣は諦めて、実家近くの氏神さまにお参りした。

 あの体験があったから、数年前に車を買い替えるときは、お金はかかるけれども、思い切って四輪駆動にした。車輪が大きくて、交換作業担当の夫は四苦八苦しているが、安全第一。雪が降っても、路面が凍っても安心を手に入れたのだからいいでしょうと、納得してくれている。

 でも、ちょっと予想外だったのは、買い替えてからはどちらかというと暖冬ばかりで、四駆の出番はほとんどない。一昨年は少し多かったけれども、「タイヤをスタッドレスに換えてもなんかすり減るだけだねえ」と夫が嘆く年が多かった。

 さて、今年の冬はどうなるんだろうか。米子の水鳥公園には冬の使者コハクチョウが既に到着したそうだ。

 (米子市・TOCO)

2020年10月18日 無断転載禁止