丸山知事と田中安来市長 日立金属本社会長と面会

経済産業省の長坂康正副大臣(右)に対して、安来工場の人員削減が行われた場合の支援を求める丸山達也島根県知事(左から2人目)と田中武夫安来市長(左)=東京・永田町、経済産業省
 島根県安来市に主力工場がある日立金属が3千人規模の人員削減を発表したことを受け、丸山達也島根県知事と田中武夫安来市長が12日、東京都内で同社の西山光秋会長兼社長と面会し、地元経済や雇用への影響に配慮して判断するよう要望した。西山会長は安来工場が削減対象になるかどうかは明言を避け「最大限配慮して取り組んでいく」と答えたという。

 面会は非公開。取材に応じた丸山知事によると、西山会長は「今回の経営改革は、中長期的に地域経済に貢献していくために苦渋の決断だ」と理解を求めたという。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2020年11月13日 無断転載禁止