SDGsと私たちの関係/一人一人の行動が鍵

弁護士 遠藤 郁哉

 最近、スーツの襟元などに色鮮やかな円環状のバッジを着けた人を見掛けるようになった。塗り分けられた色の数は17色で、それぞれの色が、SDGs(エスディージーズ)の17の目標を表している。

 世界は今、貧困や差別、環境破壊などさまざまな問題に直面している。これらは途上国だけの問題ではなく、先進国を含む世界全体の課題である。SDGsは、こうした地球規模の課題の解決を目指して2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals)」である。

 30年までに世界全体で達成すべき17の目標と、これらを具体化した169のターゲットで構成されており、地球上の誰一人取り残すことなく、社会経済や地球環境を持続可能なものに変えていこうという強い決意が示されている。

 SDGsが掲げる目標は貧困や飢餓の撲滅、ジェンダー平等、人や国の不平等の是正、地球環境の保全など、幅広い内容を含んでいる。いずれも世界全体で解決に向けて取り組むべき重要な課題である。SDGsに共感し、その達成に貢献したいと考える人が増えていることは、今の地球に対する人々の危機感の表れともいえる。

 ところが、いざ自分もSDGsの達成に向けて行動しようと思ったとき、はたと立ち止まってしまう。目標が大き過ぎるのである。

 もちろん節電やエコバッグ持参など、私たちの行動と目標との関連性が見えやすいものもある。そうした身の回りのできることから始めていくことが、まずは大切である。

 だが、貧困や飢餓の撲滅、質の高い教育の普及という目標のために、私たちにいったい何ができるだろうか。ぼんやりと17の目標を眺めていると、その多くは国や企業でないと達成が難しいものにも思えてくる。

 では、SDGsは、私たち個人にあまり関係がないものかというと、そうではない。むしろ私たちの日々の行動にこそ、SDGs達成の鍵が隠されている。ポイントは、目標12「つくる責任つかう責任」である。

 私たちは毎日、多くの消費をしながら生きている。最も身近な消費行動の一つは買い物であるが、実は商品の選び方一つで、私たちはよりSDGs達成に貢献できるのである。

 例えば、エコ消費を心掛けることは、森や海の豊かさを守り、気候変動を抑えることにつながるし、フェアトレード(公正な貿易)商品を選ぶことは、貧困や飢餓に苦しむ人々の生活環境や労働環境の改善につながる。地産地消は、地域経済の応援を意味するとともに、商品の輸送距離が短くなる分、輸送に伴う二酸化炭素の排出量を抑えることにつながる。

 SDGsの掲げる17の目標は独立したものではない。一つの目標に貢献することで、ほかの目標にも影響が及んでいくのである。

 私たち一人一人が「つかう責任」を意識した消費を心掛けることで、SDGsはこれまで以上に身近なものになる。この世界をよりよいものへと変えていく一つの鍵は、実は私たち一人一人の行動の中にある。

…………………………

 えんどう・いくや 京都大法学部卒、京都大法科大学院修了。京都大非常勤講師などを経て、日弁連消費者問題対策委員会副委員長(消費者教育・ネットワーク部会長)、島根県弁護士会消費者問題対策委員会委員長。

2020年11月22日 無断転載禁止