スサマジ序盤失速 ファウル重なり悪循環

【第23戦・島根-琉球】第2クオーター、島根のリード・トラビス(右端)がシュートを決め、35-44とする=コカ・コーラボトラーズジャパンスポーツパーク県民体育館
 バスケットボールBリーグ1部(B1)西地区5位の島根スサノオマジックは20日、鳥取市のコカ・コーラボトラーズジャパンスポーツパーク県民体育館であった第23戦で、同地区2位の琉球ゴールデンキングスに69-89で敗れた。連敗は今季最長の7に伸び、通算8勝15敗。順位は一つ落として6位となった。

 島根は序盤から琉球の鋭いディフェンスに攻撃を封じられた。

 第24、25戦は26、27の両日、安来市民体育館で東地区8位の横浜ビー・コルセアーズと対戦する。


 ◇第23戦(20日・コカ・コーラボトラーズジャパンスポーツパーク県民体育館、1125人)

  琉  球  89 22-19 69 島  根

  17勝6敗    30-20    8勝15敗

           18-10

           19-20

 【評】島根は激しさを増す琉球の攻撃に耐えられず、序盤で失速した。

 第2クオーターまでは、阿部の3点シュートや、ブルックスやウィリアムスの踏ん張りで流れをつくった。しかし、琉球の攻めに対してファウルを重ね、徐々に得点差を広げられた。

 フリースローを除くシュート成功率は琉球の55・2%に対し島根は39・3%で精度を欠き、リバウンドでも太刀打ちできなった。

2020年12月21日 無断転載禁止