生ある限り全てが試練だ

 米国の俳優で元州知事のアーノルド・シュワルツェネッガーさんが動画メッセジで、大統領選の結果を覆そうとしたトランプ氏支持者の連邦議会襲撃を批判した。議会が暴動に屈せずバイデン氏勝利を承認したことを喜び「米国の民主主義は強かった」と説く▼メッセージでは自身の出世作『コナン・ザ・グレート』(1982年、米国)に登場する鋼の剣の鍛錬にたとえ「試練を乗り越え、民主主義はさらに強くなる」と訴えたのが象徴的▼筆者が一番好きな映画でもあるこの作品は、幼い頃に邪悪な教団に村を滅ぼされて両親を殺され、奴隷の身となった主人公コナンが剣士として成長し復讐(ふくしゅう)を果たす痛快な物語。筋肉美を売りにした若きシュワルツェネッガーさんの躍動感、重厚なBGMも良く、何より、作品に込められたメッセージに励まされる▼生ある限り全てが試練だ-と冒頭表示されるのは哲学者ニーチェの言葉。ヒロインが要所要所でコナンに説くひと言<Do you wanna live forever?>も印象的だ。直訳すると「永遠に生きるつもりなの?」になるが、個人的には「生きるか死ぬかの瀬戸際よ」と

2021年1月13日 無断転載禁止