出雲の薬草文化発信を 観光関係者が勉強会

出雲大社北島国造館で、古代出雲薬草探究会の前田みのりさん(手前左)から少彦名命について説明を受ける参加者
 地元の観光関係者に向け、「出雲の医療の神、薬草」をテーマにした特別勉強会ツアーが19、20の両日、島根県出雲市大社町杵築東の出雲大社周辺であった。同市内の観光ガイドや事業主、関連団体職員ら30人が参加し、出雲大社の魅力や出雲の薬草文化についてあらためて考えた。

 出雲観光協会が「癒やし」をテーマにした新たな観光を関係者とともに考えようと初めて開催。県内外の女性らでつくる古代出雲薬草探究会の関係者が講師を務めた。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2021年1月21日 無断転載禁止