「出雲の日」限定カクテル 平田のバー店主考案

「出雲の日」にちなんで考案されたカクテル「Lapin blanc~出雲のうさぎ」(手前)=出雲市平田町、エムズ・バー
 島根県出雲市平田町にある「エムズバー」のオーナーバーテンダー、長谷川正樹さん(59)が、「出雲の日」(1月26日)にちなむカクテル「Lapin blanc(ラパン・ブラン)~出雲のうさぎ」を考案した。出雲神話に登場する白ウサギを連想させる白色のカクテルで、出雲の日に関連してイベントを展開する「出雲ウイーク」(25~31日)の初日から同店限定で提供販売を始める。

 カクテルは、ホワイトラムをベースに、ピーチ、バナナの各リキュール、グレープフルーツジュース、ヨーグルトドリンクで「キュートでエレガントに仕上げた」(長谷川さん)というショートドリンク。

 出雲ウイークを主催する出雲の日実行委員会関係者から、30、31日に同市大社町内で計画されていた「夜のアコースティックカフェ&ジャズレストラン」での提供依頼を受け、創作した。この催しは新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止となった。

 「Lapin blanc」はフランス語で、白いウサギという意味。出雲をウサギで表現した一杯を試飲した関係者から「とてもフルーティーでおいしいという評価を受けた」(長谷川さん)といい、1杯600円で販売する。

 出雲の日は、神門通りおもてなし協同組合(出雲市大社町)が出雲のさらなる発展を願って2020年に始めた。26日は出雲大社本殿などのブルーライトアップ、ウイーク期間中には出雲大社神楽殿での夜神楽特別祈祷(きとう)(29、30日)、神門通り各店舗で出雲うさぎオリジナルグッズ、だいこく様の福袋販売などがある。

2021年1月24日 無断転載禁止