女子ログ 悩ましいテレワーク

 昨年4月に続き、都内では再びの緊急事態宣言が出た。自由に出掛けられないのは確かに不便だが、もともと家の中でのんびり過ごすのは好きなので、外出規制はそこまで苦ではない。むしろおおっぴらに引きこもる理由ができたと思っているくらいだ。

 悩ましいのは、毎日お弁当を作って持たせていた夫がテレワークになることによって生じる昼食の献立だ。正直、自分だけならお昼は非常に適当。基本前日の残り物で済ませてしまうし、お米があれば幸せなので、日々「よーし、今日はふりかけご飯だ」「久しぶりにぜいたくに板わかめをまぶしちゃおう」という具合だ。栄養面では褒められたものではないかもしれないが、朝晩それなりに食べているから大丈夫、ということにしている。

 しかし、在宅で仕事をする夫の昼食となると、そうもいかない。夜ほどのボリュームとはいかなくても、なるべく定食っぽい内容で、前日のお昼や当日の夕飯と献立がかぶらないように…と悩みまくる。ただでさえ普段から少ないレパートリーで四苦八苦している中に昼食の献立が加わり、気が付けば四六時中ご飯のことを考えている。

 まだまだ続く緊急事態宣言下、なんだか日々ご飯に追われている気がして嫌になってしまった。それもこれも全部コロナのせいだと思うと、ますますコロナ憎しである。

(浜田市出身、東京在住・もい)

2021年1月24日 無断転載禁止