FA宣言の松永、ロッテ残留 現状維持で契約更改

 ロッテの松永昂大投手

 ロッテから国内フリーエージェント(FA)権を行使していた松永昂大投手(32)が27日、チームに残留することを表明し、現状維持の年俸7500万円で契約を更改した。ZOZOマリンスタジアムでオンライン取材に応じ、他球団から正式なオファーには至らず「自分の実力不足です」と話した。

 松永はドラフト1位で入団した2013年から19年まで7年連続で40試合以上に登板したが、昨季は左肘の状態が万全ではなく5試合の登板にとどまった。「他チームの評価を聞きたい」とFA宣言。ロッテは権利を行使した上での残留も認めて交渉を続けていた。(金額は推定)

共同通信社 2021年1月27日 無断転載禁止