NZ五輪委員会、出場辞退に理解 トップのスミス氏、選手判断尊重

 【シドニー共同】ニュージーランド・オリンピック委員会トップのスミス氏は27日、新型コロナウイルスの影響で開催に懐疑論も出ている東京五輪について、開催を前提に準備を進めているとする一方、出場を辞退する選手が出てもやむを得ないとの考えを示した。地元メディアが伝えた。

 ニュージーランドは200人以上の選手を含む約450人の代表団を派遣予定。スミス氏は「(東京行きは)彼らの人生にふさわしいことなのか、彼らは安全と感じているのか」とした上で「自身の立場を熟慮しなければならない人はたくさんいる」と述べた。

共同通信社 2021年1月27日 無断転載禁止