実践校の成果、動画で 冬季セミナー参加者募集

 新聞を教育活動に生かしている県内のNIE実践指定校6校が1年間の成果を発表する「冬季セミナー」が、オンデマンド方式で行われる。主催する県NIE研究会(会長・有馬毅一郎島根大名誉教授)が参加者を募っている。無料。

 実践発表の動画を各自で視聴し、感想や意見を共有することで、これからのNIE活動を高めるのが狙い。例年は関係者が一堂に集まって開いているが、今回は新型コロナウイルス感染防止のためオンデマンド方式とした。

 参加希望者は島根大教職大学院の福間敏之教授にファクスかメールで、氏名とメールアドレスを伝える。電話・ファクス0852(32)6360、メール(fukuma-toshiyuki@edu.shimane-u.ac.jp)。問い合わせ先も福間教授。締め切りは26日。

 3月上旬に実践校6校の発表動画がネットファイル便で配信される。視聴後、実践内容への感想や意見をメール本文に記すかワードなどの文書添付で3月12日までに福間教授に送る。

 2020年度の実践指定校は奥出雲町立阿井小学校、松江市立雑賀小、津和野町立津和野中学校、県立宍道高校、同益田翔陽高、同松江ろう学校の6校。

2021年2月19日 無断転載禁止

こども新聞