桑田コーチが初の打撃投手 巨人、52歳と思えぬ速球

 キャンプで初めて打撃投手を務めた巨人の桑田投手チーフコーチ補佐=那覇

 巨人の桑田投手チーフコーチ補佐が23日、那覇市でのキャンプで初めて打撃投手を務めた。浦添市でのヤクルトとの練習試合に同行しなかった選手の居残り特打で、丸に56球。52歳とは思えない速球でバットを差し込む場面もあり「道具を使うのは何歳になってもできるが、走ることと投げることはできなくなる。一年でも長く投げて指導したい」と語った。

 マウンドではなく、傾斜付きの台の上からの投球だったが、次第に力が入った。ボールになったのは10球だけで、自慢の制球力は健在。「楽しいですよ。僕は野球をプレーするのが一番好きだから」と笑った。

共同通信社 2021年2月24日 無断転載禁止