写真企画

  • 今もたたら製鉄の火がともる島根県奥出雲を出発点に、出雲、石見、そして、中国地方を見渡しながら「鉄のまほろば」を訪ねる。

  • 山陰の気候や風土、そして人々の営みは、独特の景観を生み出す。山陰の各地を巡り、さまざまに移ろう森羅万象の“表情”を紹介する。

  • 島根が誇る遺産を読者から募集し、100件が決まった。古事記や日本書紀、出雲国風土記などにゆかりの舞台や史跡、伝統芸能など紹介する

  • 出雲には全国唯一の完本である出雲国風土記が伝わる、県内外の人々を魅了してやまない山陰の歴史物語を探る。

  • 松江城の価値や、築城とともに形成された城下町の痕跡に目を向け、松江城と城下町の魅力に迫る。

  • 松江を開府した堀尾氏を知ってもらおうと、現在に残る堀尾氏の面影をカメラに収めた。

  • 世界遺産に登録された石見銀山遺跡。往時をしのばせる遺跡や街並み、訪れる人々の表情をカメラで追った。

  • 山陰には、誇れる歴史や文化、自然が残されている。地域の誇りや勇気を呼び起こしてくれる郷土の遺産をシリーズで紹介する。

  • 万葉集の歌と写真で、万葉時代に思いをはせる。文は益田市在住の郷土史家・矢冨厳夫氏、写真は山口市下松市在住の岡田憲佳氏

  • 山陰地方には数多くの野生動物が生息している。専門家や研究者などの協力を得て、野生動物の姿を追う。

  • 世界遺産登録が予定される石見銀山遺跡。約500年に及ぶ歴史の重なりやロマン、人々の営みを追う。