山陰のニュース写真

  • 境港を含む日韓ロ定期貨客船の現航路の利用拡大策を話し合う鳥取県と5団体の代表ら=鳥取市東町1丁目、県庁

    日韓ロ貨客船継続へ需要拡大策 鳥取で緊急会議

     境港(境港市)と韓国・東海、ロシア・ウラジオストクを結ぶ日韓ロ定期貨客船の利用拡大に向けた緊急対策会議が17日、鳥取市内であった。境港を起点とした周遊、物流エリアを広げる山陰自動車道鳥取西道路の全線 (2019/07/18) [全文]

  • 選果を終え、箱詰めされる日南トマト=鳥取県日南町庄山、JA鳥取西部日南支所トマト選果場

    日南トマト出発式 販売額2億円維持目標

     鳥取県日南町産の「日南トマト」の出発式が17日、同町内であった。標高400~600メートルで栽培され、甘さと酸味のバランスの良さ、果肉の厚みが特徴。昨年初めて突破した販売額2億円の維持を目標に、11 (2019/07/18) [全文]

  • 自分が作った野菜を食べてもらいながら、農家の思いについて話す鵜瀬頼秀さん(左端)

    シェフと野菜生産者交流 邑南 一緒に収穫 ディナー招待

     地元の豊かな食材を使った島根県邑南町矢上のレストラン「香夢里(かむり)」のシェフと野菜生産者が食事を通して交流する「つながるディナー」が16日夜、同店で開かれた。日頃、厨房(ちゅうぼう)で働くシェフ (2019/07/18) [全文]

  • 出雲コーチンの復活に向けた取り組みについて発表する出雲農林高校の生徒

    農業学習の研究成果発表 出雲農林高が最優秀

     農業学習に取り組む島根県内の高校生が研究成果を披露する「県学校農業クラブ連盟プロジェクト発表県大会」が17日、益田市元町の市民学習センターであり、「生産・流通・経営」「開発・保全・創造」「ヒューマン (2019/07/18) [全文]

  • 古式ゆかしい神楽舞を披露する島後久見神楽保持者会のメンバー

    夜通し久見神楽 隠岐の島・伊勢命神社

     島根県隠岐の島町久見に伝わる県指定無形民俗文化財「島後久見神楽」が16日夜から17日未明にかけて、地元の伊勢命(いせみこと)神社で奉納された。例大祭に合わせ、儀式的な舞を中心にした16演目が夜を徹し (2019/07/18) [全文]

  • 古材をリメークした家具を前に「『もったいない』という価値感を伝えたい」と語る寺井秀雅代表

    島根県産端材で木箱作り 20日、江津の木工所が体験講座

     古い家屋に使われていた古材を活用した家具を製造する「まる木工所」(島根県江津市都野津町)が20日、木箱を作るワークショップを同社で開催する。木の良さや古いものを再生する循環型のものづくりを体感しても (2019/07/18) [全文]

  • ヤンマー本社ビルで昨年末に開かれた日南町フェア。21日のフェアでは夏野菜を中心に品ぞろえし、都会の消費者にアピールする(日南町提供)

    自慢の夏野菜どっさり ヤンマー本社(大阪)で日南町フェア

     鳥取県日南町の農林産品を集めた「日南町フェア」が21日、大手農機具メーカー・ヤンマーの本社ビル(大阪市北区茶屋町)で開かれる。同社が週末に一般開放する最上階の社員専用レストランで特産野菜を使ったメニ (2019/07/18) [全文]

  • 特選1席に選ばれた東本町の「上賀茂神社 競馬」

    伝統行事「直江一式飾り」の展示始まる

     島根県出雲市斐川町の直江地区の伝統行事「直江一式飾り」の展示が17日、現地で始まった。前夜の審査会で特選1席に選ばれた「上賀茂神社 競馬(くらべうま)」など11自治会が制作した作品が並ぶ。18日まで (2019/07/17) [全文]

  • 復興の象徴として制作された天井絵=大田市波根町、長福寺

    荘厳天井絵 復興を象徴 島根西部地震で被災の長福寺

     島根県西部を震源とする2018年4月の地震で被災した大田市波根町の古刹(こさつ)・長福寺で、復興の象徴として描かれた本堂の天井絵が15日、法要に合わせてお披露目された。ハスを中心に、多彩な花を配置し (2019/07/17) [全文]

  • 緑工房が販売を始めたキクラゲの栽培ポット=米子市内

    キクラゲ栽培ポット商品化 菌床製造販売・緑工房(鳥取)

     菌床製造販売などの緑工房(鳥取市河原町長瀬、河村雄太社長)が、キクラゲの栽培ポットの販売を始めた。家庭やオフィスなどで手軽に育てられ、成長とともに収穫して食べる楽しさをPR。生産を手掛けるキクラゲの (2019/07/17) [全文]

  • 活サザエの出荷作業に当たる女性=島根県隠岐の島町津戸、町水産振興センター

    夏の味覚 活サザエ 隠岐の島で初出荷

     島根県隠岐の島町の夏を代表する味覚・活サザエの初出荷が15日、同町津戸の町水産振興センターであった。今月1日の漁解禁後、いけすで蓄養されたサザエが箱詰めされ、中国地方に発送された。隠岐さざえブランド (2019/07/17) [全文]

  • 発掘調査終了時にあった説明会で熊野権現堂跡を見学する住民たち

    岩瀧寺跡地に見学コース 波積ダム建設で移転新築 江津市

     江津市が、波積ダム(島根県江津市波積町)の建設工事に伴って移転した「岩瀧寺(がんりゅうじ)」跡地の遺構の見学コースを整備した。中世以降の中小規模寺院の実態をうかがわせる貴重な歴史遺産を将来に継承する (2019/07/17) [全文]

  • 中国電力ラグビー部の選手(右)とパス練習をする子どもたち

    目指せ!ラグビー日本代表 中電選手ら 松江で子ども指導

     中国電力ラグビー部・レッドレグリオンズの選手らが15日、松江市内で小学生や幼稚園児を対象にしたラグビー教室を開いた。県内初開催で、松江、出雲両市のチームでプレーする49人が参加。子どもたちはパスやゲ (2019/07/17) [全文]

  • 動物の剥製・標本作りを見学できる研究室。手前に展示してあるのはキツネの毛皮と骨

    工夫重ね魅力UP 開館20周年 氷ノ山自然ふれあい館・響の森

     氷ノ山(1510メートル)の中腹にある鳥取県立施設の氷ノ山自然ふれあい館・響(ひびき)の森(若桜町つく米)が18日、開館20周年を迎える。自然体験学習拠点の機能を高めた2015年の改装後、来館者は年 (2019/07/17) [全文]

  • 迫力あるアカシュモクザメの剥製に見入る来場者ら

    迫力ある剥製ずらり 「サメ祭」 境港・海とくらしの史料館

     サメをテーマにした企画「サメ祭」が、鳥取県境港市花町の海とくらしの史料館で開かれている。迫力あるサメの剥製が並ぶほか、サメの生態や山陰地方での食文化を紹介するコーナーもあり、来場者が楽しくサメについ (2019/07/17) [全文]

  • 琴ケ浜を舞台にして、朗読音楽劇を情感たっぷりに披露する(左から)LiLica*さん、松島彩さん、奈都子さん

    音楽劇やライブ幻想的に披露 大田・琴ケ浜でフェスタ

     踏むと「キュッ」と音が鳴る国指定天然記念物の琴ケ浜(大田市仁摩町馬路)で14日夜、「鳴り砂フェスタ」があった。地元住民でつくる馬路町社会教育振興会が初めて開催。夕日を背にした特設ステージで、県内在住 (2019/07/16) [全文]

  • スイムのスタート地点から一斉に泳ぎ出す選手たち=米子市皆生温泉3丁目の皆生海岸

    鉄人995人 185キロ挑む 皆生トライアスロン

     第39回全日本トライアスロン皆生大会(皆生トライアスロン協会など主催)が14日、米子市など鳥取県西部の2市4町村を舞台に開催された。日本のトライアスロン発祥の地に、全国から男女995人(個人の部93 (2019/07/16) [全文]

  • 住民たちが歓迎する中、山本浩章市長(左)と握手を交わす選手=益田市内田町、萩・石見空港

    アイルランド自転車チーム 五輪へ向け益田で合宿

     2020年に開催される東京五輪への出場を目指すアイルランドの自転車競技チームが14日、島根県益田市でトレーニング合宿を始めた。東京都内で21日に開かれる五輪の事前大会に向けて調整する。チームは20年 (2019/07/16) [全文]

  • グランドオープンしたコトリエット=雲南市三刀屋町三刀屋

    雲南中心市街地 活性化へ 商業施設がオープン

     地元の食が楽しめる店や社会現象となっているタピオカドリンクの専門店が入る商業施設「コトリエット」が14日、国道54号沿いの島根県雲南市三刀屋町三刀屋にグランドオープンした。市が認定を受けた中心市街地 (2019/07/16) [全文]

  • 2年ぶりの開催となった大会を楽しみながら走る参加者

    豪雨乗り越え2年ぶり疾走 江津・ピクニックラン桜江

     西日本豪雨の影響で昨年は中止となった島根県江津市桜江町のマラソン大会「第23回ピクニックラン桜江」が14日、2年ぶりに開かれた。県内外から過去最多となる1279人がエントリーし、大勢の住民ボランティ (2019/07/16) [全文]

  • 国府海水浴場で宝探しに興じる子どもと保護者たち

    砂浜掘ってお宝発見! 浜田・国府海水浴場で海開き

     島根県浜田市の国分町と下府町にまたがる国府海水浴場で14日、海開きがあった。地元の子ども神楽による石見神楽の上演や、砂浜での宝探しイベントと共に、県内外の海水浴客が水の感触を楽しんだ。 下府町の千畳 (2019/07/16) [全文]

  • 詩吟大会で後鳥羽上皇の和歌を吟詠する隠岐國縁吟会の会員

    詩吟 遠隔講座で腕磨く 海士の愛好団体 ICT駆使

     島根県海士町の詩吟愛好グループ・隠岐國(おきのくに)縁吟会(えんぎんかい)(11人)の会員が、本土の講師と情報通信技術(ICT)で結んだ「遠隔詩吟講座」で腕を磨いている。講師の転居を機に、平均年齢7 (2019/07/16) [全文]

  • 竹製の滑り台を楽しむ子ども

    安来・山佐ダム湖畔で「山奥のたのしい課外授業」

     ダム湖畔の豊かな自然の中で遊びや飲食を楽しむ催し「山奥のたのしい課外授業」が14日、島根県安来市広瀬町上山佐の山佐ダムキャンプ場であり、市内外から訪れた家族連れでにぎわった。 地元の地域おこし団体「 (2019/07/16) [全文]

  • 水木しげるロードの土曜夜市でスーパーボールすくいを楽しむ親子連れ

    境港・水木しげるロード 土曜夜市始まる

     鳥取県境港市の観光スポット・水木しげるロードで13日夜、土曜夜市が始まった。土曜夜市は昨夏、地元の住民有志がロードのリニューアルに合わせて約30年ぶりに復活させ、今年も8月末まで毎週土曜夜に開く。初 (2019/07/16) [全文]

  • 小エビや小魚の詰め放題に挑戦する子ども

    海産物詰め放題など 境港で夏祭りイベント

     イベント「夏祭りだヨ! 全員集合」が13日、境港市竹内団地の水産物販売施設・大漁市場なかうらで始まり、サザエのつかみ取りや海産物の詰め放題、お菓子の製造体験など多彩な催しを家族連れが楽しんだ。14日 (2019/07/14) [全文]

  • 各ブースを見て回る来場者

    スマート農業機械実演など 松江でアグリミーティング

     農業の魅力を発信する「アグリミーティング2019」が13日、松江市学園南1丁目のくにびきメッセで始まった。”農業女子”による作業着のファッションショーや、情報通信技術(ICT)を使って作業負担を減ら (2019/07/14) [全文]

  • 「松江ファンを増やそうアプリ」の機能を話し合う参加者

    60人がふるさとの魅力考える 松江で定住促進イベント

     松江市内の高校生や大学生を対象とした定住促進イベント「7フェス×プロジェクト」が13日、同市西川津町の島根大であった。県出身の3人組ユーチューバーによるトークショーや同市のファンを増やすためのアプリ (2019/07/14) [全文]

  • 車座で自由討議する高校生

    UIターン者課題などテーマに 全国の高校生、隠岐でアイデア競う

     全国の高校生が地域課題の解決を目指してアイデアを競う「まちづくり甲子園」が13日、隠岐島前3町村を舞台に3日間の日程で始まった。8県11校から30人が参加し、島前地域で増えるUIターン者同士の関係づ (2019/07/14) [全文]

  • ますだ祇園まつりで演奏を披露する益田小学校吹奏楽部のメンバーたち

    吹奏楽、神楽に花火 益田で「祇園まつり」

     江戸時代から続くとされる益田市・益田地区伝統の「ますだ祇園まつり」が13日、同市本町の益田小学校で始まった。ステージでは吹奏楽の演奏や神楽舞が繰り広げられ、多くの来場者でにぎわった。14日には呼び物 (2019/07/14) [全文]

  • 米国宇宙船アポロ15号が持ち帰った月の石を眺める来館者たち

    月の石に目輝かす アポロ月面着陸から50年ちなみ大田で企画展

     米国宇宙船アポロ11号が果たした人類初の月面着陸50周年にちなみ、月をテーマにした県立三瓶自然館サヒメル(大田市三瓶町)の特別企画展が13日、始まった。月から持ち帰った石や宇宙服など貴重な展示品16 (2019/07/14) [全文]

  • 買い物客に投票を呼び掛けるディオッサ出雲の選手=出雲市渡橋町、イオンモール出雲

    買い物客に期日前投票呼び掛け ディオッサ出雲選手

     出雲市を拠点に活動する女子サッカーチーム・ディオッサ出雲FCの選手が13日、参院選(21日投開票)の期日前投票所が設けられた出雲市渡橋町のイオンモール出雲で、買い物客に利用を呼び掛けた。【詳しくは本 (2019/07/14) [全文]

  • 地元からの応援に感謝を述べる里見香奈女流五冠=出雲市今市町、ラピタウェディングパレス

    「目前の対局、力出し切る」 出雲で里見女流五冠交流会

     出雲市出身の女流棋士、里見香奈女流五冠(27)の後援会の総会と交流会が13日、同市内であり、里見女流五冠は「目の前の対局に集中して力を出し切りたい」と史上初の女流六冠が懸かる、8月からのヒューリック (2019/07/14) [全文]

  • 丸山達也知事(左)から本社移転を含む立地計画の認定書を受け取るオネストの石碕修二社長=松江市殿町、島根県庁

    オネストが本社移転 20年2月 開発センターを建設

     ソフトウエア開発のオネスト(松江市上乃木4丁目)が2億8千万円を投じ松江市東出雲町意宇南6丁目に本社機能を持つ研究・開発センターを建設する。2020年2月に本社移転とセンターの操業開始を予定し、操業 (2019/07/13) [全文]

  • 軍服などを工藤智恵禰宜に手渡す舟木佳夫さん(左)=松江市殿町、松江護国神社

    軍服や軍刀など松江護国神社に寄贈 「戦争の記憶」後世に

     第2次世界大戦で旧日本陸軍に所属し、76歳で亡くなった富田満夫さんが身につけた軍服や軍刀、ブーツなどを、息子の舟木佳夫(よきお)さん(63)=松江市東忌部町=が、戦没者をまつる松江護国神社(松江市殿 (2019/07/13) [全文]

  • 海をきれいにする取り組みへの参加を呼び掛けるプロジェクトのメンバー

    海ごみゼロの日制定 8月16日から3日間 一斉清掃など展開

     島根県内の行政、民間企業、大学などでつくる「ブルーブリッジしまねプロジェクト」が、8月16日から18日までの3日間を「しまね海ごみゼロの日」と定め、海岸の一斉清掃やプラスチックごみの削減運動などを展 (2019/07/13) [全文]

  • 本格的なコーヒーを味わえる料理店「ピッコリーノ」をオープンした有藤朗さん

    故郷に本格コーヒーを 大田の有藤さん 念願の飲食店

     コーヒーの本場・イタリアから仕入れた豆や機械で本格的な一杯を提供したい-。こんな夢をかなえ、島根県大田市出身の有藤朗さん(44)が同市大田町に飲食店「ピッコリーノ」をオープンした。深い味わいが特徴の (2019/07/13) [全文]

  • 作品の前で古野華奈子学芸員(右)の説明を聞く来場者

    絵本の世界観浸って 益田 猪熊弦一郎展13日開幕

     JR上野駅の壁画や三越の包装紙デザインなどで知られる洋画家・猪熊弦一郎(1902~93年)の作品の魅力を紹介する企画展「猪熊弦一郎展 いのくまさん」(県立石見美術館など主催)が13日、島根県益田市有 (2019/07/13) [全文]

  • 柴野清実行委員長(左)に目録を手渡す梅林哲朗会長

    感動のトライアスロンを 成功願い寄付金 皆生通事業振興会

     39回目を迎える全日本トライアスロン皆生大会を前に、米子市の皆生通り周辺の事業所でつくる皆生通事業振興会(梅林哲朗会長)が12日、大会の成功を祈って皆生トライアスロン協会に寄付金20万円を贈った。  (2019/07/13) [全文]

  • 13日にオープンするシャトレーゼ米子皆生通り店=米子市東福原4丁目

    洋菓子のシャトレーゼ山陰初出店 米子の県道沿いに

     洋菓子製造販売などのシャトレーゼ(山梨県甲府市)が13日、米子市東福原4丁目の県道沿いに、山陰両県初の店舗となる「米子皆生通り店」をオープンする。総合ブライダル業「マリエ・やしろ米子店」に併設。鉄骨 (2019/07/12) [全文]

  • 中国から製造工程を移すなどして存続するシャープ米子=米子市石州府

    シャープ米子存続へ 鴻海が事業再編で維持方針

     台湾・鴻海(ホンハイ)精密工業の傘下で経営再建を進めるシャープが完全子会社のシャープ米子(米子市石州府)を存続させることが11日、分かった。国内拠点の縮小、閉鎖を進める中、米子は現在中国にある液晶製 (2019/07/12) [全文]

  • 昨年大会で島根県高野連が設置したテントの下で観戦する人たち=出雲市大社町北荒木、県立浜山球場(資料)

    夏の高校野球 涼しく熱い戦いを 熱中症対策を強化

     14日に開幕する全国高校野球選手権島根大会で、島根県高校野球連盟が熱中症対策を強化する。連日の猛暑となった昨年、選手が激しく体力を消耗し、観客や審判員が体調を崩すケースがあったため。両チームのベンチ (2019/07/12) [全文]

  • 見頃を迎えた三瓶山西の原のユウスゲ=大田市三瓶町

    高原に揺れる一日花 希少ユウスゲ 三瓶山で見頃

     国立公園・三瓶山西の原(島根県大田市三瓶町)で、ユリ科の多年草「ユウスゲ」が見頃を迎えた。夕方にレモン色の花が開き、翌日の午前中にはしぼむ一日花。高原の風に揺れ、見る人を和ませている。 本州から九州 (2019/07/12) [全文]

  • 13日から一般公開されるハシビロコウ=松江市大垣町、松江フォーゲルパーク

    ハシビロコウ 13日から一般公開 松江フォーゲルパーク

     松江フォーゲルパーク(松江市大垣町)で13日、国際自然保護連合に絶滅危惧種(2類)に指定されているハシビロコウを一般公開が始まる。中央アフリカ原産のペリカンの仲間で、体長120センチのオスの1羽。森 (2019/07/12) [全文]

  • 閉館後、跡地利用策が決まっていないホテル宍道湖=松江市西嫁島2丁目

    ホテル宍道湖 跡地整備 DBO方式で 松江市の調査結果

     2017年3月末に閉館したホテル宍道湖(松江市西嫁島2丁目)の跡地について、松江市が実施した観光拠点整備の事業手法調査の結果が11日、分かった。想定するレストランやホテルなどの「集客施設」と、バスタ (2019/07/12) [全文]

  • 公式戦デビューに向け、練習に打ち込む部員たち

    待ちに待った公式戦 島根中央高 女子硬式野球部(川本)

     島根県川本町川本の島根中央高校の女子硬式野球部が、26日に兵庫県内で開幕する「全国高等学校女子硬式野球選手権大会」で公式戦デビューする。山陰両県の高校で唯一の女子硬式野球部で、白球に青春を懸けようと (2019/07/12) [全文]

  • 雲南市吉田町の中世のたたら跡から出土した炉壁を並べ、炉の規模を復元した展示物

    たたら製鉄の歴史体系的に紹介 出雲の歴博で企画展開幕

     出雲地方が「鉄の国」として発展した経緯を出土品や文書などを交えて紹介する「たたら-鉄の国出雲の実像-」が12日、出雲市大社町杵築東の県立古代出雲歴史博物館で開幕する。日本で鉄器の使用や鉄の生産が始ま (2019/07/11) [全文]

  • ドローン事業を本格化する川角工務店の従業員=島根県奥出雲町下阿井、同社

    コメどころでドローン活用 奥出雲・川角工務店が事業化

     土木建築工事業の川角工務店(島根県奥出雲町下阿井、川角邦生社長)が、農薬散布などのドローン事業を本格化する。公共工事に続く収益事業と位置付け、ドローン機材を順次増やし、ブランド米・仁多米の産地で高齢 (2019/07/11) [全文]

  • ハイドロゲルを用いた前立腺がんの放射線治療法を説明する内田伸恵教授=米子市西町、鳥取大医学部付属病院

    鳥取大病院 前立腺がん新治療導入 直腸出血リスク減

     鳥取大医学部付属病院(米子市西町)が、ゼリー状の医薬品「ハイドロゲル」を用いた前立腺がんの放射線治療を山陰両県で初めて導入した。治療過程で放射線が、前立腺のそばにある直腸にも当たり傷つけるのが問題だ (2019/07/11) [全文]

  • 植田悟監督(右)の指導を受け、スローイング練習に取り組む航主将

    夏の甲子園 親子で挑む 平田高野球部 指導、練習 力こもる

     監督、主将として夏の甲子園出場を目指す親子がいる。平田高校野球部の植田悟監督(47)と長男の航主将(17)=3年。悟さんが2年前に母校に赴任し、くしくも同時期に航君が入学した。「(母校で一緒に野球が (2019/07/11) [全文]

  • 認定証を受け取る「オリパラ教育推進校」の代表者(中央)

    「オリパラ教育推進校」認定 島根県教委が5校

     島根県教育委員会が、県内の小中学校と特別支援学校計5校を「オリパラ教育推進校」に認定し、10日に大田市大田町の「あすてらす」で認定証を授与した。スポーツ庁の委託事業の一環で、5校の児童生徒は今後、県 (2019/07/11) [全文]

  • 間近に迫ったビールフェスタについて打ち合わせをする山口厳雄さん(左)と梓さんの夫妻

    ビアフェスにいらっしゃい 江津 19日から17店集合

     島根県西部を地ビールのメッカにしようと創業した「石見麦酒」(江津市嘉久志町)が19~21日、江津市後地町の商業施設・神楽の里舞乃市で「石見地ビールフェスタ」を開く。地ビールメーカー5社が出展するほか (2019/07/11) [全文]

  • 傘踊りを奉納する鈴の音大使の3人

    華やかに傘踊り奉納 しゃんしゃん祭成功祈願祭 鳥取・宇倍神社

     鳥取市の夏の風物詩・第55回鳥取しゃんしゃん祭(同祭振興会主催)を控え成功祈願祭が10日、同市国府町宮下の宇倍神社であり、関係者が祭りの盛り上がりを願った。 振興会長を務める深沢義彦市長たち約20人 (2019/07/11) [全文]

  • 雄大な富士山やきらびやかな鳳凰などを描いた作品が並ぶ会場

    目引く黄金富士、赤富士 米子・天満屋 あいはら友子絵画展

     女優、画家として活躍するあいはら友子さんの作品を集めた「あいはら友子赤富士絵画展」が10日、鳥取県米子市西福原2丁目の米子しんまち天満屋で始まった。雄大な富士山を、鳳凰(ほうおう)や風神、雷神ととも (2019/07/11) [全文]

  • 完成した漫画冊子を手にする「150隠岐維新を次世代に伝える会」の会員

    「隠岐騒動」の漫画冊子が完成

     島根県隠岐の島町の有志でつくる「150隠岐維新を次世代に伝える会」(小室賢治会長)が、隠岐国の島民が松江藩に対して決起した「隠岐騒動」の漫画冊子を制作した。明治維新や隠岐騒動から150年となったこと (2019/07/10) [全文]

  • アムスメロンの収穫を体験する児童たち

    特産のアムスメロン 大田・温泉津小児童 収穫体験

     大田市温泉津町特産のアムスメロンが収穫期を迎え、地元の温泉津小学校(島根県大田市温泉津町福光)の3年生19人が9日、同町井田のビニールハウスで収穫体験を楽しんだ。出荷式に合わせた取り組みで、春に自分 (2019/07/10) [全文]

  • 松江市が1カ月間の新規利用者の受け入れ停止処分にした特別養護老人ホーム長命園=松江市上乃木10丁目

    松江市が特養を処分 利用者1カ月 受け入れ停止

     松江市は9日、介護中の寝たきりの入所者がベッドから転落して骨折していたにもかかわらず、職員が救護措置をとらずに放置する虐待があったとして、特別養護老人ホーム長命園(松江市上乃木10丁目)を介護保険法 (2019/07/10) [全文]

  • 奥出雲の日本農業遺産の生かし方を助言する大和田順子さん=島根県奥出雲町三成、カルチャープラザ仁多

    日本農業遺産生かそう 奥出雲で専門家講座 農村体験プラン探る

     中国地方で初めて日本農業遺産に認定された「たたら製鉄に由来する奥出雲の資源循環型農業」の魅力や価値を伝える「農村体験・農泊はじめてみよう」講座が9日、島根県奥出雲町三成のカルチャープラザ仁多であった (2019/07/10) [全文]

  • 「より良い社会をつくることに少しでも貢献したい」と夢を語る野津一樹さん=東京都内

    元グーグル本社在籍 松江出身の野津さん 米で投資ファンド設立

     松江市出身で、IT大手グーグルの米国本社に在籍していた野津一樹さん(38)=米国在住=が、IT技術などを活用して社会課題の解決や新たなビジネスモデルの構築を進める新興企業に資金を提供する投資ファンド (2019/07/10) [全文]

  • ドローン活用に関する協定書を持つ(左から)西尾透署長、山本浩章市長、松本亨社長

    災害、事故でドローン活用 益田署と益田市 地元企業と3者協定

     益田署と益田市、小型無人機「ドローン」の教習事業などを展開する「ドローンクリエイト」(島根県益田市安富町)が9日、災害時の被害状況の確認や行方不明者の捜索などにドローンを活用する協定を締結した。3者 (2019/07/10) [全文]

  • 「みんなのいこい食堂」でカレーライス味わい笑顔を見せる利用者

    市民ら気軽に交流 松江で毎月1回「みんなのいこい食堂」

     松江市千鳥町の市総合福祉センターで、毎月1回、第2木曜日に、市民らが交流しながら食事を楽しむ「みんなのいこい食堂」が開かれている。子どもや高齢者の居場所づくりを進めようと、同センターの喫茶スペースを (2019/07/10) [全文]

  • 境港旬の魚を食べる会であいさつする土肥順市会長(左)

    多彩なマグロ料理味わい 普及法など意見交換

     境港産の魚介類をテーマに意見交換する「旬の魚を食べる会」が8日夜、境港市京町の飲食店「味処 美佐」であった。市内の水産、行政、食品関係者ら約30人が参加。クロマグロのしゃぶしゃぶや串カツなど多彩な旬 (2019/07/09) [全文]

  • ビック・ツールが本社隣接地に整備し稼働を始めた医療用ドリル専用工場=鳥取県日吉津村日吉津

    医療用ドリル専用工場完成 骨折治療など受注増対応

     工業用ドリル製造などのビック・ツール(鳥取県日吉津村日吉津)が、本社隣接地に第2工場となる医療用ドリル専用工場を整備し、稼働を始めた。独自の形状で特許を取得している「月光ドリル」が医療分野で受注を伸 (2019/07/09) [全文]

  • 旧服部医院の前で住民と活用策を話し合う井上英司代表(右)

    医院跡を交流カフェに 邑南・宇都井 住民発起 改修資金募る

     住民を支えた地域医療の場を再生し、活性化につなげたい-。旧羽須美村宇都井(現邑南町宇都井)で約60年にわたって住民の健康を守り、1983年に閉院した服部医院跡の建物を改修し、交流拠点にしようという取 (2019/07/09) [全文]

  • 助産師に見守られ、生まれたばかりの赤ちゃんを抱く板垣菜摘さん(中央)

    出雲圏域初の院内助産 県立中央病院 赤ちゃん誕生

     経過が正常な妊婦の出産に助産師が中心となって立ち会う「院内助産」を6月に導入した県立中央病院(島根県出雲市姫原4丁目)で、1日に初めての赤ちゃんが誕生した。出産前後で一貫して助産師が継続的にケアする (2019/07/09) [全文]

  • 松江歴史館が発行した年間パスポート

    何度でも訪れ故郷学んで 松江市内の小6へ無料年間パス

     松江の歴史を子どもたちに学んでもらおうと、松江歴史館(松江市殿町)が松江市内の6年生を対象とした年間パスポートを作り、無料配布を始めた。同館と松江ホーランエンヤ伝承館(同)を2020年3月末まで何度 (2019/07/09) [全文]

  • 益田市内のダーツバーで練習に打ち込む熊谷真彦さん

    ダーツの楽しさ知って 島根県西部唯一のプロ選手・熊谷さん

     島根県益田市虫追町の会社役員、熊谷真彦さん(34)が、県西部で唯一というプロダーツ選手として活動している。県西部は競う相手や練習ができる施設が少ないが、努力でハンディを乗り越えて全国各地で開かれる大 (2019/07/09) [全文]

  • カラフルのオープニングセレモニーに臨む5市町の首長たち

    南部、湯梨浜など5市町 首都圏の活動拠点開設

     「CCRC(生涯活躍のまち)」を推進する鳥取県の南部、湯梨浜両町が、全国の3市町と共同で、東京都内に活動拠点「カラフル」を開設した。財政上、市町単独では運営が難しいため、連携してまちづくり情報の発信 (2019/07/09) [全文]

  • 息の合ったオールさばきを見せる選手たち

    67クルーが熱戦 米子市民レガッタ

     毎夏恒例の第51回米子市民レガッタ(米子市主催)が7日、鳥取県米子市西町の市錦海ボートコースであり、山陰両県などから参加した67クルーが、息の合ったオールさばきで熱戦を繰り広げた。 300メートルの (2019/07/09) [全文]

  • 三瓶山麓で初収穫したブドウで醸造した「Pure Sanbe Miyabi」を手にする浅田博昭社長

    第1号の三瓶産ワイン誕生 皇后さまへの献上願う

     島根県大田市三瓶町の国立公園・三瓶山東の原にある石見ワイナリーが8日、近くの自社農園で収穫したブドウで醸造した三瓶産ワインを、丸山達也知事と楫野弘和大田市長に贈呈した。第一号のワインは「Pure S (2019/07/08) [全文]

  • 島根県西部の観光に向かう乗船客たち=浜田市熱田町、浜田港福井埠頭

    浜田に今年初大型客船 乗客 石見の観光地巡る

     イタリア船籍の大型客船「コスタ・ネオロマンチカ」(定員1800人、5万7150トン)が7日、浜田港(島根県浜田市熱田町)に入港した。浜田港への大型客船入港は今年初で、乗船客はシャトルバスでJR浜田駅 (2019/07/08) [全文]

  • 刷り上がった公報をチェックする島根県選挙管理委員会の職員=出雲市斐川町上庄原、山陰中央新報製作センター

    30万1千部印刷 島根向け選挙公報 本社製作センターで

     21日投開票される参院選の島根県内向け選挙公報30万1千部の印刷が7日、出雲市斐川町上庄原の山陰中央新報製作センターであった。県選挙管理委員会が各市町村選管などを通じて19日までに各世帯に配る。 立 (2019/07/08) [全文]

  • 楫野弘和大田市長(中央)を交え、市政課題の解消に向けて話し合う市民

    共創のまちづくり考える 大田市と市民ら50人

     大田市政のキャッチフレーズ「共創(きょうそう)」をテーマに、市政課題の解決へ市民が語り合うワークショップが7日、島根県大田市大田町の市民会館であった。事業主や学生、国際交流員など約50人が参加。人口 (2019/07/08) [全文]

  • 清水久年駅長(後列左から2人目)から感謝盾を贈られる「安来駅どじょうすくい出迎え隊」のメンバー

    安来駅で どじょうすくい姿 「出迎え隊」JRが表彰

     JR安来駅(島根県安来市安来町)で乗客を民謡・安来節どじょうすくい踊りのいでたちで出迎える「安来駅どじょうすくい出迎え隊」に、JR西日本米子支社が7日、感謝盾を贈った。同隊は地元観光関係者らで構成し (2019/07/08) [全文]

  • 神事を終え雲見の滝の雄滝前に立つ住民ら

    水の恵み感謝し滝開き 雲南・雲見の滝

     島根県の名勝・天然記念物に指定されている「雲見の滝」(雲南市三刀屋町多久和)の滝開き行事が7日、現地であり、地元住民が水の恵みに感謝し、行楽客の安全と五穀豊穣(ほうじょう)を祈った。 多久和地区の上 (2019/07/08) [全文]

  • 鼕行列の安全と成功を祈る関係者

    10月の鼕行列 安全を祈願 松江神社で関係者ら

     松江市の秋を彩る伝統行事「松江祭鼕(どう)行列」の安全祈願祭が7日、同市殿町の松江神社であり、関係者約30人が成功を願った。今年の行列は10月20日にあり、14町内と2団体、市立城北小学校が参加を予 (2019/07/08) [全文]

  • 完成したフリーペーパー「日本一きれいな星空に願い事をしてみた」

    児童向けフリーペーパー 「星取県」の魅力知って

     鳥取県西部の夜空の魅力をまとめた小学生向けのフリーペーパー「日本一きれいな星空に願い事をしてみた」が完成した。星空がきれいに見える理由や観察スポットなどを紹介している。県西部9市町村でつくる大山山麓 (2019/07/08) [全文]

  • 試食のスイカに手を伸ばす来場者

    鳥取県産すいかPR フェアにぎわう

     鳥取県産のスイカをPRする「鳥取すいかフェア」が6日、鳥取市賀露町西3丁目のJAグループ農産物直売所「わったいな」で開かれ、スイカを試食する買い物客たちでにぎわった。7日も行う。【詳しくは本紙紙面を (2019/07/07) [全文]

  • 巨大な海上アスレチックを楽しむ子どもたち

    巨大アスレチックお目見え 米子・皆生海水浴場隣に

     巨大海上アスレチックが6日、米子市皆生温泉の皆生温泉海水浴場隣にお目見えした。幅30メートル、縦40メートルと迫力満点で、ビニール製の滑り台やブランコなど10を超える遊具を、波に揺られながら楽しむこ (2019/07/07) [全文]

  • 社会福祉士(左)から仕事内容を聞く学生

    学生に福祉現場の魅力を 松江で「ふくしカフェ」開催

     大学生や高校生に福祉の仕事の魅力を伝える「ふくしカフェ」が6日、松江市内であった。福祉現場の働き手不足解消を目指し「ソーシャルワーカー」として活躍する県内の社会福祉士と精神保健福祉士が初めて企画。8 (2019/07/07) [全文]

  • 狭長神社の作法や歴史学ぶ 「掛合いいとこ伝え隊」始動

     雲南市掛合町掛合地区の魅力を再発見する「掛合いいとこ伝え隊」が6日、地区内の狭長(さなが)神社で初めての活動を行った。掛合自治振興会の呼び掛けで集まった参加者15人が、宮司から参拝作法や神社の歴史な (2019/07/07) [全文]

  • 柿本人麻呂を描いた自作の油絵を紹介する金本裕行さん(左)

    JR益田駅に人麻呂の油絵 顕彰活動に携わる金本さん描く

     益田市ゆかりの万葉歌人・柿本人麻呂(人麿)の顕彰活動に携わっている、元高校美術教員で東光会審査員の金本裕行さん(80)=益田市須子町=が若き日の人麻呂の姿を描いた油絵が、同市駅前町のJR益田駅ホーム (2019/07/07) [全文]

  • 大型テントの中でくつろぐ家族連れ

    江の川流域と三瓶山舞台に アウトドアイベント開幕

     江の川流域と三瓶山をフィールドにした期間限定のアウトドアイベントが6日、島根県美郷町亀村のカヌーの里おおちで始まった。JR三江線廃止後の沿線地域の広域観光を推進するため、県と関係5市町の官民でつくる (2019/07/07) [全文]

  • 災害対策本部で避難者情報などを集約する今田三之会長(左から3人目)ら=江津市桜江町川戸、桜江総合センター

    西日本豪雨から1年 被災教訓に江津で避難訓練

     西日本豪雨から1年を迎えた6日、江の川が氾濫して浸水被害が相次いだ江津市桜江町川戸地区で、住民組織主催の避難訓練があった。災害が多発化する傾向にある中で、住民の半数近い約260人が参加し、高齢者ら災 (2019/07/07) [全文]

  • ムンチュンウン社長(中央)と共にくす玉を割り、就航10周年を祝う平井伸治鳥取県知事(左から5人目)ら関係者=境港市昭和町、境港国際旅客ターミナル

    DBS就航10周年祝う 日韓関係者40人が式典

     境港を含む日韓ロ定期貨客船の就航10周年記念式典が5日、境港市内であり、鳥取県や中海・宍道湖・大山圏域市長会、韓国の寄港地・江原道東海市の関係者約40人がくす玉を割って祝った。 同貨客船は1万4千ト (2019/07/06) [全文]

  • 期日前投票する有権者=松江市末次町、市役所

    期日前投票始まる 山陰両県159カ所

     参院選の期日前投票が5日、山陰両県内で始まった。島根県内108カ所、鳥取県内51カ所の計159カ所(期間限定含む)で、投開票日前日の20日まで受け付ける。 期日前投票所は役場、公民館、大型商業施設な (2019/07/06) [全文]

  • 本番に向けてアカペラの練習に励む角田みなみさん(左端)ら出演者=出雲市矢野町、ライブハウス&スタジオアポロ

    居心地よい島根に感謝 東京から2年前転勤・角田さん

     「島根の皆さんに音楽で恩返しをしたい」 2年前に転勤で東京都から島根県に移り住んだ会社員、角田みなみさん(26)=浜田市朝日町=が、温かく受け入れてくれた地元の人々に思いを届けようと、松江市内で13 (2019/07/06) [全文]

  • 織り姫と彦星がデザインされた看板を見上げる園児たち

    七夕 きスキ駅で会いましょう 駅構内看板に織り姫と彦星

     7日の七夕に合わせ、島根県雲南市木次町里方のJR木次駅構内に設置してある「き♥(すき)」の看板に5日、天の川を挟んで出会う織り姫と彦星のデザインが加わった。列車で訪れた奥出雲町の園児が (2019/07/06) [全文]

  • ツリーハウスの模型を使いながらプレゼンテーションをする児童

    裏山活用へアイデア練る 邑南・高原小児童が学習発表

     島根県邑南町原村の高原小学校の児童が、里山の活用法についてアイデアを練る「里山づくり授業」に取り組んでいる。これまで3回にわたって、現地学習などを通し、豊かな自然環境など里山の魅力を研究。5日には同 (2019/07/06) [全文]

  • 市場が新しくなった境漁港の概要を紹介する「漁港カード」

    鳥取県水産事務所が「漁港カード」作製

     鳥取県境港水産事務所が、境漁港の新市場開場を記念し、港の基礎情報を記したカードサイズの「漁港カード」を作製した。境漁港の略歴やお勧め情報をコンパクトに紹介し、全国有数の水産物流通拠点をPRする。 漁 (2019/07/06) [全文]

  • 新市場に用意された境漁港をPRするスタンプと台紙

    水木ロード観光客、市場に誘客を 境漁港新市場にPRスタンプ

     境港市昭和町の境漁港の新市場に、市場をPRするスタンプが設置された。スタンプを押す台紙は、市の観光スポット・水木しげるロード周辺の店舗に置き、観光客に押印を目当てに市場にも訪れてもらうのが狙い。 市 (2019/07/05) [全文]

  • マグロを使った新作料理を撮影する出席者

    旬の本マグロに舌鼓 米子で試食会

     中海圏域の食材で新たな料理を創作する「名物料理を作る会」(土井一朗会長)がこのほど、米子市西福原1丁目のスマイルホテル米子で試食会を開いた。初夏が旬の境港産本マグロを使った創作料理がお目見えし、会員 (2019/07/05) [全文]

  • 土曜朝市で島根町産の野菜を販売するメンバー(右)

    土曜朝市が人気 松江の「潮風グループ」

     松江市島根町大芦の高齢者でつくる「潮風グループ」が毎週土曜日午前に、同町産の野菜や加工品などを販売する朝市を開催し、人気を集めている。6日からは会場を同町加賀のマリンプラザしまねに移転し、メンバーは (2019/07/05) [全文]

  • JR境線の妖怪列車や各駅の見どころなどを盛り込んだ沿線ガイドブック「鬼太郎列車の駅巡り」

    妖怪6列車詳しく紹介 JR境線ガイドブック完成

     JR境線(米子-境港駅)の鬼太郎列車や沿線16駅の見どころを紹介したガイドブックが完成した。境港市出身の漫画家、故水木しげるさんの代表作「ゲゲゲの鬼太郎」に登場する妖怪キャラクターを車体に施した6種 (2019/07/05) [全文]

  • 天神ふれあいプラザの閉館に合わせ、展示会を企画した川上真人さん(左から2人目)ら4人

    感謝の気持ち込め作品展 松江・天神ふれあいプラザ8月閉館

     松江市民の交流の場として20年にわたり親しまれた松江市天神町の施設「天神町ふれあいプラザ」が8月31日に閉館する。空き店舗を活用した「天神まめな館」と「いっぷく亭」の2軒からなり、展示会や茶話スペー (2019/07/05) [全文]

  • 父親が残した作品「はすみマンダラ」を鑑賞するニーラさん

    32年前 羽須美描いた父遺作 ネパールから長女訪れ対面

     ネパール現代美術の先駆者の画家ラマ・ナンダ・ジョシさん(故人)が、邑南町羽須美地域の住民のために32年前に残した絵図「はすみマンダラ」をひと目見ようと、長女で画家のニーラさん(52)=カトマンズ在住 (2019/07/05) [全文]

  • 定置網にかかったリュウグウノツカイ=4日午前、松江市島根町加賀

    大物にびっくり! 松江沖定置網にリュウグウノツカイ

     松江市島根町沖の日本海で4日、定置網に深海魚「リュウグウノツカイ」がかかっているのが見つかった。定置網の中を優雅に泳ぎ、漁師らは「こんな大物がかかるとはびっくり」と目を丸くした。 全長3.2メートル (2019/07/05) [全文]

  • 見ごろを迎えつつある荒神谷史跡公園の古代ハス

    古代ハス鮮やかなコントラスト 出雲の荒神谷史跡公園

     出雲市斐川町神庭の荒神谷史跡公園で、古代ハスが見ごろを迎えつつある。桃色の大輪の花と、緑色の葉の鮮やかなコントラストが、来園者を楽しませている。【詳しくは本紙紙面をご覧ください】 (2019/07/04) [全文]

  • 七つ道具を渡す作業を確認する合同選挙管理委員会の担当者=鳥取市東町1丁目、鳥取県庁第2庁舎

    選挙七つ道具 交付手順確認 鳥取で合同選管

     参院選の公示を前に、鳥取、島根合同選挙管理委員会が3日、鳥取市東町1丁目の鳥取県庁で、立候補の届け出を受け付けるリハーサルを行った。担当者約30人が受け付け順を決めるくじ引きの仕方や、選挙事務所に掲 (2019/07/04) [全文]

  • 台湾での撮影に臨む七咲友梨さん(手前)と松浦弥太郎さん

    写真家・七咲さん(益田出身) ドキュメント映画撮影

     島根県益田市出身で、東京都を拠点に活動している写真家・七咲友梨さん(39)がドキュメンタリー映画のカメラマンに初挑戦した。雑誌「暮しの手帖」の元編集長で文筆家の松浦弥太郎さんの著書を原案にした作品で (2019/07/04) [全文]

  • 初の全国大会まで1カ月に迫り、山田健司監督(左端)の話を聞く選手たち

    女子小学生野球チーム 全国初出場「まず1勝」

     島根県内の女子小学生でつくる野球チーム「しまねイザナミガールズ」が、8月2~8日、松山市などであるNPBガールズトーナメント全日本女子学童軟式野球大会に初出場する。チーム結成5年目で初の全国舞台。ま (2019/07/04) [全文]

過去の記事の検索