確か文化人類学者のはずだが…。戸惑いながらページを繰るうち、「なるほど」という思いが深まっていった。著作で示してきた詩的で、時に幻想的とも言える思索の世界に貫かれるものが、見えて...