事件・事故イメージ
事件・事故イメージ

 鳥取署は12日、強制わいせつ致傷の疑いで、福岡市、自称会社員の男(23)を逮捕した。

 逮捕容疑は11日夜、鳥取市行徳1丁目の住宅街の路上で、歩いて帰宅中だった市内在住の20代女性を転倒させて足に全治5日のけがを負わせ、体を触るなどわいせつな行為をした疑い。同署によると容疑を認めているという。

 鳥取署によると、2人は面識がなく、男は仕事で市内を訪れていたという。