今回の衆院選に立候補した新人は549人で、前回より81人減った。小選挙区比例代表並立制が導入された1996年以降、最も少なかった。立憲民主党や共産党などの野党が210超の小選挙区で候補を一本化...