体操の世界選手権第3日は20日、北九州市立総合体育館で男子予選が終了し、橋本大輝(順大)が東京五輪金メダルの個人総合で6種目合計88・040点、種目別の鉄棒で14・633点の1位通過を果たした...