ドラマの出演者
ドラマの出演者

しまねがドラマになるなんて!
(TSK 午後8・54)
 島根の高校2年生石見真之介は、ミュージシャンを目指すため、高校を卒業後、すぐにでも東京へ出たいと思っていた。真之介が学校の屋上でギターの弾き語りをしていると、東京からの転校生・東京子と、幼稚園からの幼なじみの隠岐達也、出雲陽人がやってくる。転勤族でふるさとがない京子。そんな彼女のある一言で、真之介たちの日常がドラマに変わり始める。