低気圧が発達しながら通過するため、東日本から西日本の太平洋側を中心に26日にかけて、雷を伴った非常に激しい雨が降る恐れがあるとして、気象庁は25日、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に...