広島県福山市「2001年の主婦殺害事件の現場」
広島県福山市「2001年の主婦殺害事件の現場」

 2001年2月に広島県福山市の住宅で主婦大石朝美さん=当時(35)=が殺害された事件で、広島県警は25日、殺人容疑で福山市西新涯町1丁目の無職竹森幸三容疑者(67)を逮捕した。県警によると「記憶にない」と容疑を否認。今月に入って、現場の遺留品から竹森容疑者が捜査線上に浮かんだという。

 逮捕容疑は01年2月6日午後0時45分ごろ、自宅にいた大石さんの腹を果物ナイフで突き刺すなどして殺害した疑い。

 大石さん方の警備システムが作動し、警備会社が110番した。駆け付けた福山西署員が2階への階段中央付近で、座った状態で死亡している大石さんを発見。同署に捜査本部を設置し、殺人事件として捜査していた。

 大石さんは夫と子ども2人の4人暮らしで、事件当時、自宅に生後9カ月の長女と2人でいた。

 福山西署で記者会見を開いた捜査1課によると、遺族は竹森容疑者と面識がないと話している。

 竹森容疑者は事件当時、造園業を営んでいたとみられ、事件後も市内で暮らしていた。容疑者宅は現場から川を挟んで5キロほどの距離にある。

 殺人罪などの公訴時効は10年に廃止され、県警はこれまでに延べ約18万人を捜査に投入。市民などからの情報提供は162件寄せられた。上新宏一刑事部長は「事件発生から捜査が難航したが、広くいただいた市民の協力に感謝したい」と述べた。