2001年に広島県福山市の住宅で当時35歳の主婦が殺害された事件で、広島県警が25日に逮捕した男(67)のDNA型が、現場に残っていた血痕のDNA型と一致していたことが26日、捜査関係者への取材で分かった。