ライトアップで浮かび上がった旧JR三江線宇都井駅(2020年11月)
ライトアップで浮かび上がった旧JR三江線宇都井駅(2020年11月)

 「天空の駅」として知られる旧JR三江線宇都井駅(島根県邑南町宇都井)の一帯を照明で彩る「INAKA(イナカ)イルミ」が11月20、21の両日にある。新型コロナウイルス感染防止のため、現地参加は人数を限り、オンラインで配信する。11月2日まで現地参加者を募っている。

 地元住民でつくる実行委員会が、廃線前の2010年に始め、12回目。駅舎を発光ダイオード(LED)で彩った幻想的なライトアップが人気のイベントだ。

 現地参加は、駐車場が限られるため車1台を単位とし、各日20台まで受け付ける。参加費は1台2千円。応募多数の場合は抽選とする。設営や片付けを手伝う応援団になれば、鑑賞が可能。こちらも募集する。

 オンライン配信はNPO法人江の川鉄道のユーチューブチャンネルで。20日午前10時の準備の様子から配信する。

 申し込みや問い合わせはINAKAイルミのホームページ(https://illumizikkouuzui.wixsite.com/website)。
      (糸賀淳也)