島根県庁
島根県庁

 新型コロナウイルス感染拡大に伴い設けた飲食店利用の目安について、島根県の丸山達也知事は28日、「12人以下、3時間以内」から「16人以下、3時間以内」に緩和すると発表した。29日から要請する。
 一つのテーブルを6人以内で使い、テーブル間の移動をしない場合は16人を超える利用も可能とした。県外在住者との飲食自粛の呼び掛けも終える。
 今月に入り、県内で飲食店に由来する感染拡大がなく、全国的にも感染状況の落ち着きが続くため、28日の県対策本部会議で緩和を決めた。
テーブル間の移動を抑えることで、結婚披露宴、法事の集まり、ホテルでの会合などがしやすくなる。
 28日の定例会見で丸山知事は今後について「この状況が続くようであれば、コロナ前のような職場単位の忘年会を、コロナ前と違ったルールで行うのは可能だと思う」との見解を示した。
 (曽田元気)