イメージ
イメージ

 入浴中の女性を盗撮したとして益田署は25日、島根県迷惑行為防止条例違反(卑わいな行為)の疑いで益田市、会社員の男(58)を逮捕した。

 逮捕容疑は9月10日夜、益田市内の一戸建て住宅の敷地内に侵入し、住人で入浴中だった30代女性を小型カメラで撮影した疑い。益田署によると「間違いありません」と容疑を認めているという。

 事件直後に女性から「5分ぐらい前に風呂場を誰かにのぞかれた」と通報があり、防犯カメラの映像などから男を割り出した。