店内の即席ステージで熱唱する城戸けんじろさん(左)=大田市長久町、「麺屋 松」
店内の即席ステージで熱唱する城戸けんじろさん(左)=大田市長久町、「麺屋 松」

 ここはライブハウス? いいえ、ラーメン屋ですー。大田市中心部の国道9号沿いにあるラーメン店「麺屋 松」(長久町)で26日夜、プロミュージシャンが出演するライブがあった。店の代表が立地の良さを踏まえ、改装オープンに合わせて初企画。約3時間にわたるステージを出演者、聴衆ともに楽しんだ。
 代表の松下怜司さん(40)が音楽を通じた交流拠点として活用しようと、店内に即席の舞台を整えた。
 松下さんと親交があるロックバンド「ジャパハリネット」のボーカル・城戸けんじろさんが弾き語りを披露したほか、松下さんを含む地元のアマチュア5組も登場。ヒット曲のカバーやオリジナル曲を熱唱し、聴衆約50人を魅了した。
 新型コロナウイルス禍を受け、出演者は人前で歌や演奏を披露する機会が減っていたとし、曲の合間には感謝の言葉が続いた。
 出演した邇摩高校2年の酒本夏帆さん(17)は「プロのミュージシャンと同じステージに立てるなんて感激。地元でこんな場所があるのは本当にうれしいし、機会があればまた参加したい」と述べ、松下さんも「コロナ禍の苦境だからこそ、大田から元気を発信していきたい。継続的な開催を目指す」と話した。
 (錦織拓郎)