【ヒューストン共同】卓球の世界選手権個人戦の男子ダブルスで宇田幸矢、戸上隼輔組(明大)が準決勝に進出して3位以上が確定し、この種目の日本勢で2大会ぶりのメダル獲得が決まった。