絶滅危惧種の猛禽類サシバの個体数調査が、越冬地の鹿児島県・奄美群島であり、約2千羽が越冬していると推定されることが分かった。珍しい白い個体も見つかり、専門家は「奄美の豊かな生態系が証明された」...