【ワシントン共同】米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は29日、翌30日に行う議会証言内容を事前公表し、新型コロナウイルスの新たな変異株オミクロン株が景気下振れにつながると警戒感を示した。