日本は2016年、日本原子力研究開発機構が茨城県東海村の高速炉臨界実験装置(FCA)で保管していた高濃縮ウランを廃棄するため、米国に返還した。その量は215キロと推定され、少なくとも核兵器8発...