京都大は8日、ノーベル医学生理学賞を受賞した山中伸弥教授が、来年3月末の任期満了をもってiPS細胞研究所の所長を退任すると発表した。退任後も教授として研究所に在籍し、研究を続ける。