一般社団法人鳥取県eスポーツ協会
eスポーツを通して日本とアフリカの架け橋となり、世界の社会問題の解決を目指す。イベントを通して見えたアフリカeスポーツの可能性。

一般社団法人鳥取県eスポーツ協会(本社:鳥取県鳥取市、代表理事:渡部 裕介)は、ナイジェリアeスポーツ協会・ラゴスeスポーツ協会・アフリカeスポーツ連盟(本社:Lagos, Nigeria、President(CEO):Emmanuel Oyelakin)と共に、世界初の日本×アフリカeスポーツコラボイベント「TNED2021」と、現地企業との交流イベント「esports Meetup in Nigeria」を2021年12月18日(土)~12月19日(日)にナイジェリア・ラゴスにて開催しました。


ナイジェリア側参加メンバー集合写真


イベント概要



TNED2021は、eスポーツをキッカケに互いの「文化」「経験」「情報」「ネットワーク」「人材」「スキル」を共有し、友好的でありながら切磋琢磨し合える関係を築き、相互に協力し合い、日本とアフリカの架け橋になることを目的としたeスポーツイベントです。鳥取県eスポーツ協会代表の渡部が実際にナイジェリアへ訪問し、ナイジェリアチームと日本チームをオンラインで繋ぎFIFA22とPUBG MOBILEのeスポーツ大会を開催しました。


「TNED2021-Tottori Nigeria Esports Day2021-」公式アフタームービー



アフタームービーURL:https://youtu.be/MSxe_Ihmn3s



TNED2021-DAY1:イベント実施報告






TNED2021-DAY1:eスポーツ大会の様子



鳥取県eスポーツ協会 代表 渡部(左)、ナイジェリアeスポーツ協会 代表 Emmanuel氏(右)
在ナイジェリア日本大使館 大使 松永一義氏による冒頭挨拶
STANDAGE Nigeria, Ltd. 代表 Dave氏(左)、ラゴス州スポーツコミッション会長 SOLA AIYEPEKU氏(右)
ナイジェリアのFIFAプロチーム

イベントの観戦に訪れる現地の教育、貿易、政府関係者との交流の様子
アフリカ・ナイジェリア国内でも初の試みということで、当日は多くの現地メディアが押し寄せ取材が殺到した




ナイジェリアの2大テレビ局にTNED2021が取り上げられました



URL:https://youtu.be/tdsLj5k6rhg

URL:https://youtu.be/kqj7n2Cu6UM



TNED2021-DAY2:イベント実施報告(ESPORTS MEETUP IN NIGERIA)













DAY2:交流会の様子



DAY2の現地ナイジェリア企業と現地日系企業の交流会では、eスポーツ団体だけでなく、ナイジェリア最大手Fintech企業、投資会社、IT企業、教育関連団体、ナイジェリアのプロゲーミングチーム運営オーナー、貿易関連企業、政府関係者、アフリカ人向けにカツラを作っている企業など、多種多様な企業や団体に参加していただきました。また、交流会後には新たに提携が決まるなど、ビジネスとして進展する動きもありました。




DAY2:「ESPORTS MEETUP IN NIGERIA」アフタームービー



URL:https://youtu.be/jylPiYwcvOI



番外編:政府から"存在しない街"とされている世界最大規模の水上スラム「マココ」訪問


アフリカ最大の人口2億人を抱えるナイジェリアは、貧富の格差が課題になっています。ナイジェリアの最大都市ラゴスには、高層ビルが立ち並ぶエリアからそれほど離れていない場所に、世界最大規模の水上スラム「マココ」があり、今回スタディツアーとして3日目(12月20日)にマココに訪問しました。

URL:https://youtu.be/8c3g-3HSxPY

マココは海と陸のエリアがあり、その面積は50ヘクタール(東京ディズニーランドと同規模)前後と推定されています。移動は簡易的な木造ボートが基本で、高床式の木造住居には基本的には電気も上水道も通っておりません。

生活排水とゴミ、汚物によって水はヘドロ状態で真っ黒に
人口は推計20-30万人とされていますが、これは正確な数値ではないと言われています。
なぜならマココは、政府からは公式には存在していない街とされているからです。行政の管轄外であるため、当然行政サービスを受けることもできず、正式な学校や病院もなければ、警察が立ち入ることもありません。
今回マココを案内していただいたTaiwoさんとSundayさんは「Partofsolution nursery and primary school Makoko water front」という保育園と小学校を無償で運営しており、現在331人の子供達が通っています。
学校では英語、数学、社会、読み書きや絵を描くことを教えている
Taiwoさんの運営する学校とゲームを観戦する生徒、学校からの景色
そして驚くべきことに学校にプレイステーションがありました。なぜプレイステーションがあるのか?それはマココの住民同士でサッカーゲームをし、テレビ代わりにゲーム観戦をして団欒するためです。
ゲームを通して多くの住民が集まり、スラムの中での団欒とコミュニケーションツールとしてゲームが大きな役目を果たしていました。


今回のナイジェリアでのイベント開催・訪問を通して

今回の12/18-12/20のTNED2021~スタディツアーを通して、eスポーツをキッカケに国境を越え、多くの人と繋がることができました。
その中で私たちが一番に考えなければならないのは、繋がった先でどんな社会を願い、未来に何を残していくのか?想いを形にして表現し、多くの人に伝えていくことだと思っています。
今回ナイジェリアに訪問し、自分の見えている世界のことだけを考えるのではなく、社会の様々な課題に対して真正面から向き合い、もっと広い視点で、より深く考える必要があると感じました。
アフリカは既にテクノロジーによって急速に発展しており、eスポーツも普及する一方、国全体で解決すべき課題がまだまだあると感じています。
最後に訪問したマココで、将来プロゲーマーになりたいと言う子どもがいました。どんな状況でも希望を捨てず、夢を持つ彼を見て再認識できた自身の使命があります。
それは「eスポーツや教育をキッカケにあらゆる可能性を追求し、多くの人の可能性を広げ、ワクワクと可能性に溢れた明るい未来を作る」ということです。
現在、マココを含め世界中には数多くの問題がありますが、一人一人が手を取り合い、より良い社会を作るために自分にできることを考え、行動できる人が一人でも増えることで、少しでも明るい未来をつくることができるのではないだろうかと考えています。これからもあらゆる課題と向き合い様々な活動をしていきます。

次回のTNED2022は、更にパワーアップして2022年夏頃に開催する予定です。協業、協賛、サポートしていただける企業様からのご連絡をお待ちしております。

主催団体情報

【鳥取県eスポーツ協会会社情報】
会社名:一般社団法人鳥取県eスポーツ協会
本社所在地:鳥取県鳥取市興南町45
運営eスポーツ施設:鳥取県鳥取市千代水3-40
代表者:渡部 裕介
設立:2019年10月
鳥取県eスポーツ協会URL:https://tottori-esports.com
ゲーミング英会話URL:https://gaming-english.com
ゲーミング英会話公式LINE:https://lin.ee/hA3eA57
事業内容:eスポーツイベント企画制作事業、eスポーツチーム「TeSA GAMING」運営、eスポーツ施設運営、地方創生事業、グローバル人材育成サービス「ゲーミング英会話」運営


【ナイジェリアeスポーツ協会・ラゴスe スポーツ協会・アフリカeスポーツ連盟会社情報】
会社名:ナイジェリアeスポーツ協会,ラゴスe スポーツ協会,アフリカeスポーツ連盟
本社所在地:Richmond Gate Estate, Lagos, Nigeria
代表者:Emmanuel Oyelakin
設立:Lagos State Esports Association-2021年3月、Esports Nigeria-2019年3月、Esports Federation of Africa-2018年8月
ナイジェリアeスポーツ協会:https://twitter.com/nigeriaesports
ラゴスeスポーツ協会:https://www.instagram.com/esportslagos/
アフリカeスポーツ選手権:https://aec.africa/
事業内容:eスポーツチーム運営、eスポーツリーグ運営、eスポーツイベント企画制作事業

【本リリースに関する報道お問い合わせ先】
一般社団法人鳥取県eスポーツ協会
代表理事 渡部 裕介
e-mail:info@tottori-esports.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ