交通情報
交通情報

 JR西日本米子支社は19日、因美線、伯備線、木次線の一部区間で20日の始発から午前中を中心に列車の運転を見合わせると発表した。強い冬型の気圧配置となり、大雪が見込まれるためで、運転再開は午後にずれ込む見通し。

 計画運休区間は、因美線が鳥取ー智頭駅間、伯備線が伯耆大山ー上石見駅間、木次線が木次ー出雲横田駅間。木次線の同区間は始発を含む上下3本が運休する。木次線を除き、代行輸送は実施しない。

 山陰線、境線、木次線宍道ー木次駅間は通常通り運行する。

 米子支社の広報担当者は、天候状況に応じて変更する場合があり、JR西のホームページで最新情報を確認するよう呼び掛ける。

 詳細はこちら