市民がプロの裁判官と共に刑事裁判に参加し、被告の有罪無罪や量刑を決める裁判員裁判。制度の導入から約13年がたち、審理形式の一部に変化も見られるようになった。例えば、被害者の遺体や傷口の写真とい...