「末次城」と記された1633年の出雲国絵図の一部。「松江」の字も見える
「末次城」と記された1633年の出雲国絵図の一部。「松江」の字も見える

 松江城(松江市殿町)はいつから「松江城」と呼ばれるのか。松江市の担当者が調べると、城を築いた堀尾氏治下の1633年の公式資料には「末次(すえつぐ)城」と記されていた。築城時に城下町「松江」の名も付いたとされ、城と城下町で名を使い分けていたことになる。藩主が京極氏、松平氏と移り変わり45年の資料は「松江城」と記され、城下町と城の名をそろえた可能性があるという。松江城を巡る新たな謎が加わり、歴史ファンの関心を呼びそうだ。
 市史料調査課の稲田信副主任行政専門員(61)らが調べた。幕府の命令で出雲国(松江藩)の領主が領内の地理情報を報告した公式絵図「国絵図」に着目。江戸時代に描かれ、現存する出雲国絵図5点の写本を調べたところ、最古の1633年の絵図には「末次城」と書かれ、そばに城下町の名「松江」の記載もあった。次に古い38年には城の名前の記載がなく、その次の45年には「松江城」と書かれ、以降も松江城で一貫していた。
 松江城は、1600年の関ケ原の戦いの後に出雲国を領有した堀尾氏が07年から5年間かけて築いた。この地にはかつて末次城という城があり、堀尾氏がその名を引き継いだと考えられるという。一方で城下町「松江」の名もこの時に生まれたとされる。松江藩はその後、34年から京極氏、38年からは松平氏が治めた。京極氏か松平氏が城の名を城下町と同じに改めた可能性があるという。
 調査の発端は昨年12月、松江城に関する課内の会議の折、稲田さんがふと「いつから松江城と呼ばれているのだろう」と投げかけ、ほかの職員も気に留めたことがないと分かったこと。
 稲田さんは「今では松江城という呼び方があまりにもなじんでいて城の呼び方の移り変わりは誰も考えたことがなかった。松江の歴史の奥深さは身近かなところに潜んでいる」と話す。
 地元では普段、単に「御城(おしろ)」と呼ばれたことも確かめた。同僚の小山祥子主任(40)の協力を得て古文書を調べると、大半は「御城」「御城内(ごじょうない)」と記され、松平氏の時代の公式文書のごく一部だけに「松江城」とあった。江戸時代は自国領の外に出ることがまれで「城と言えば松江城を指す」との共通認識があり、地域間の往来が盛んになった明治期頃から「松江城」が広く使われるようになったとみられるという。
(佐貫公哉)