株式会社LASSIC
【テレワーク・リモートワーク総合研究所(テレリモ総研)】  https://teleremo.net/



株式会社LASSIC(ラシック)(本社: 鳥取県鳥取市、代表取締役社長: 若山幸司、以下「LASSIC」)が運営する、「場所に依存しない働き方」を推進・支援する情報を発信するWEBメディア「テレワーク・リモートワーク総合研究所(テレリモ総研)」は、テレワーク実施後の「睡眠時間」に関するアンケート結果を公開しました。


■アンケートについて
通勤時間がなくなることで出勤時間や退勤時間に縛られず、自分のペースで仕事を進められるのも利点とされるテレワーク。「就業ギリギリまで寝ていられるようになり睡眠時間が増えた」という声がある一方、リモート環境で同僚や上司からの抑止が働きづらく、仕事に没頭するあまり睡眠時間が削られている……といったケースもあるようです。

実際、テレワークによって睡眠時間が増えた人、減った人どちらが多数派なのでしょうか。
そこで、今回はテレワーク実施後の「睡眠時間の増減」について意識調査を行いました。

 Q.テレワーク実施後、睡眠時間は変わりましたか?




最も多かった回答は「睡眠時間は変わらない」62.12%という結果が出ました。働き方をコントロールしやすくなっても、寝る時間などのライフスタイルは大きく変化していないようです。テレワークで浮いた時間は、睡眠時間ではなく家事や育児、趣味、自己研鑽などに有効活用している方が多いのかもしれません。


一方、睡眠時間の変化を「男女別×年代別」に分けると全体結果とは異なる傾向も見えてきました。

 Q.テレワーク実施後、睡眠時間は変わりましたか?(男女別×年代別)


最も特徴的なのが「女性×20‐29歳」です。「睡眠時間が増えた」という回答が60.33%と、過半数以上を占め、唯一「変わらない」を上回る結果となりました。

背景には複合的な要素があることが予想されますが、女性という点では、男性よりも女性の方が身支度に時間を要する場合が多く、テレワークでは出社の必要がないことから起床時間に余裕が生じているのでしょうか。また近年の晩婚化・晩産化により、第一子出生時の母の平均年齢が30.7歳(※)であることなどから20‐29歳の年代層では子育て世帯の割合が少ないことも影響している可能性がありそうです。

※出典:厚生労働省「令和元年(2019)人口動態統計月報年計(概数)の概況 結果の概要」


6割以上がテレワーク実施前後で「睡眠時間に変化がない」ということが分かった今回の意識調査。それでは一体、テレワークで浮いた時間を何に充てているのか、という調査も興味深い結果となりそうです。そして、「睡眠時間の増減」は、仕事のオン・オフをうまく切り替えられているかを示す一つの指針になるかもしれません。

テレワークでは、自分で時間をコントロールしやすくなる分、働きすぎによる体調悪化を招くリスクもあります。必要な睡眠時間をしっかり確保しつつ、活動時間は有効活用できるようなメリハリをつけた働き方を実現する「スケジュール管理能力」がテレワーク成功を左右するカギとなるのではないでしょうか。

テレリモ総研では、今後も継続して意識調査を行ってまいります。

※テレリモ総研サイト内でも調査結果を基にしたコラムを公開中です。
 https://teleremo.net/?p=49


■調査概要
調査期間:2020年9月1日~2020年9月4日
調査対象:全国20歳~65歳のテレワーク/リモートワークを経験したことがあるワーキングパーソン男女1077名
調査方法:インターネット調査

■著作権について
本リリースは、自由に転載いただくことができます。
本リリースの著作権は株式会社LASSICに帰属しますが、以下の利用条件を満たす方には利用権を許諾します。

*利用条件
(1) 情報の出典元として株式会社LASSICの名前を明記してください。
(2) 出典元として以下のURLへのリンクを設置してください。https://www.lassic.co.jp
(3) 調査結果データの加工・改変は許可しておりません。
(4) 当社が相応しくないと判断した場合には、転載の許可を取り消し、掲載の中止を求めることができます。
(5) 掲載内容をもとに、独自のコンテンツとして編集・執筆いただくことができます。



テレリモ総研では、人々が場所によって仕事内容や職種、勤務条件を左右されることなく活躍できる世界を実現すべく、テレワーク・リモートワークが働き方の選択肢の一つとして一般化することを目指し、多様な働き方に注目した情報をお届けしてまいります。

以上


■株式会社LASSIC(ラシック)について
LASSICは2006年に鳥取県で創業し、『~鳥取発~ITで、地方創生』を経営理念に、ITを通じてポテンシャルや魅力に溢れた地方の活性化、地方創生の実現を目指している企業です。

東京に一極集中しているIT業界の経済活動を地方に分散させる“地方輸出”の仕組みづくりや、ITとアイデアで地方自治体の課題解決を支援する地域イノベーション支援事業、人や組織の状態を見える化し改善を支援する感情解析技術の研究開発などに取り組んでいます。

人々が心豊かに働ける環境を整えると同時に、社会に向けて新しい価値を発信し、日本全体の経済活動を盛り上げるべく、事業を推進しています。


本 社: 〒680-0843 鳥取県鳥取市南吉方3-201-3
代表者: 代表取締役社長 若山 幸司
設 立: 2006 年 12 月 26 日
資本金: 9,968万円
事業内容: システムインテグレーション事業、Remogu(リモグ)事業(リモートワーク人材エージェント)、KnockMe!(ノックミー)、地域イノベーション支援事業、感情解析研究開発事業
拠点: 鳥取(本社)、秋田、仙台、東京、大阪、姫路、那岐、米子、岡山、広島、福岡
URL: https://www.lassic.co.jp
Facebook: https://www.facebook.com/lassic.co.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ