出雲市立塩冶小で新聞教室
出雲市立塩冶小で新聞教室

 5年生153人が8日、山陰中央新報社読者室の水野幸雄NIE担当から取材の仕方、記事の書き方、紙面の作り方など、新聞作り全般について学んだ。

 記事を書くときだけでなく、取材や見出しを付けるときにも「いつ」「どこで」「だれが」「何を」「なぜ」「どのように・どうした」の「六つの大事なこと」が基本になると学んだ児童は、新型コロナウイルスに感染して亡くなった、タレントの志村けんさんの記事を見ながら、見出し作りにも挑戦した。