一般社団法人 日本自動車連盟(JAF)【地方】
 JAF島根支部(一般社団法人日本自動車連盟島根支部 支部長 野々村健造)は、2月15日(月)~19日(金)の期間にJAF島根支部(島根県松江市東津田町)で、マンツーマン「チャイルドシート取付けチェック」を実施します。


 交通事故から車内の子どもの安全を確保するため、6歳未満の子どもにはチャイルドシート使用が義務化されています。しかし、2019年度の「チャイルドシート使用状況全国調査」では、島根県の使用率は66.0%と全国平均を4.5ポイント下回っており、使用率の向上が課題です。また、全国8地域で実施した「チャイルドシート取付け状況調査」では正しく車両に取付けられていたのは47.6%と半数以下でした。


 その結果を踏まえ、JAF島根支部ではチャイルドシートの正しい取付け方法を、個別にアドバイスします。
 大事なお子さまの命を守るチャイルドシートの取付け状況を、一緒に確認しましょう。
チャイルドシート取付けチェック
※チャイルドシート使用状況全国調査(2019年調査結果)
https://jaf.or.jp/common/safety-drive/library/survey-report/2019-child-seat

期 間:2月15日(月)~2月19日(金)
場 所:JAF島根支部
時 間:約30分(10:00~16:00)
費 用:無料
持参物:チャイルドシート取扱説明書をお持ちください。
申込方法:希望日前日までに電話で予約
TEL:0852-25-1123(平日9:00~17:30)
詳 細:http://jaf.link/shimane202102-01
※新型コロナウィルス感染拡大防止のため、マスク着用・アルコール消毒などの協力をお願いします。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ