総務省は14日、高速大容量の第5世代(5G)移動通信システム用の周波数の追加割り当て先を楽天モバイルに決定したと発表した。同社はこの電波を東京や大阪といった都市圏以外での5G通信網の拡大に活用する。