株式会社タノム
株式会社タノム(本社:東京都渋谷区、代表取締役:川野 秀哉、以下 当社)が提供する、卸業者の販促・受発注システム『TANOMU』(タノム) は、2021年2月より中国地方(鳥取県・岡山県)に新たに進出し、サービス展開を開始します。


【新規エリア展開の背景】
『TANOMU』は既に1万店舗を超えるユーザーに活用されてきた卸業者向けの販促・受発注システムです。2020年には新型コロナウイルスの影響による非対面営業のニーズが高まり、感染拡大以降、導入企業が急増しました。特に従来展開してきた関東・関西以外においても柔軟に新たな環境に対応する企業の多さが見られ、導入スピードが加速しております。

非対面・非接触営業の強化はこれからの企業にとって喫緊の課題となっているため、『TANOMU』が提供してきた効果的なプッシュセールスのための機能(ユーザーの登録するLINEアカウントへの一斉・個別のメッセージ配信や、おすすめとして売り切りたい商品を登録・案内できる機能)が評価され、導入が加速しました。『TANOMU』で業務のデジタル化を行うことにより、卸問屋が従来、対面・電話・FAXで行っていたアナログな受注業務や新製品のお知らせ、発送日のイレギュラーに関するアナウンスなどをスマホ1つで行えます。非対面営業の確立と並行し抜本的な働き方改革・営業改革が可能なため、利便性を評価され、中国地方(鳥取県・岡山県)への進出につながりました。

【新規エリアにおける第一号取引先】
鳥取県
社名:株式会社さんれいフーズ https://www.sanrei-foods.co.jp/
(山陰酸素グループ http://sanin-sanso-group.jp/
所在地:鳥取県米子市旗ヶ崎2147
代表者:並河 元 代表取締役社長
事業内容:総合業務用食品卸として、山陰両県で外食・中食・給食など、6千店を対象に、約3万アイテムを供給。また、山陰の特産品を原料として冷凍調理食品、水産加工品を全国販売。
設立:1972年4月

タノム導入に際するコメント


株式会社さんれいフーズ 並河 元 代表取締役社長
当社は山陰地方の外食・中食・給食など約6千件のユーザーに業務用食材を供給しています。なかでも外食分野はルートセールスであり、業務の合理化は長年の課題でもありました。特に「受注業務」は、TEL・FAXなどお客様からの多様な受注スタイルにお応えしていかなければならず、自動化・システム化が進みにくいアナログな業務のひとつです。『TANOMU』では、受注業務のシステム化や非接触・非対面の販促営業にも活用でき、業務改革に大いに期待できると判断しております。


岡山県
社名:株式会社ヒラタ https://k-hirata.co.jp/
所在地:岡山市中区平井1162-1
代表者:平田 知之 代表取締役社長
事業内容:製菓・製パン用の原材料、包装・衛生資材や店舗厨房設備を取り扱う専門商社として、大手の食品メーカーから個人店まで、数千社の取引先に4万点以上のアイテムを供給。機械・器具や包装資材の提供、さらには新商品の開発や一からの新規店開業支援など、トータルサポートを行う。
設立:1963年10月

タノム導入に際するコメント


株式会社ヒラタ 平田 知之 代表取締役社長
当社は、製菓・製パン用の原材料・包装資材・機械器具を取り扱う専門商社です。大手の食品メーカーから個人のパティスリー、ベーカリーなどに原材料を供給しています。4万点以上のアイテムを取り扱う当社ですが、ただ商品を納めるだけでなく、開業支援やトータルサポートが出来ることが最大の強みです。TANOMUを導入することで、注文をデジタル化する便利さのみでなく、提案力を活かし、幅広いお客様のニーズに応える事業を展開出来ればと期待しております。


【『TANOMU』について】URL:https://lp.tano.mu/
『TANOMU』は飲食店と食品卸売業者間の受発注をPCやスマートフォンで管理可能な、次世代型の受発注管理システムです。2018年11月のサービス開始より1年強で、発注ユーザーは1万店舗を突破しています。


■株式会社タノムについて
名称  :株式会社タノム
所在地 :東京都渋谷区千駄ヶ谷5-6-7 トーエイ・ハイツ 1A
代表者 :川野 秀哉
事業内容:WEBサービスの運営・開発事業
サービス開始日:2018年11月1日
URL  :https://lp.tano.mu/
サービスに関するお問い合わせ:https://lp.tano.mu/contact/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ