原子力規制委員会は16日、東京電力柏崎刈羽原発で核物質防護設備の機能が一部喪失し、2020年3月以降、不正な侵入を検知できない可能性があったと発表した。 

 原子力規制委員会は16日、東京電力柏崎刈羽原発で核物質防護設備の機能が一部喪失し、2020年3月以降、不正な侵入を検知できない可能性があったと発表した。