落語界の身分制度は見習い・前座・二つ目・真打ちと大きく四つに分けられている。協会や一門、師匠によって期間は異なるが見習いは数カ月から数年、それから「前座」になり楽屋入りすると、まだ噺家ではなく...